梅雨も明けて毎日暑くなりましたね。夏のイベントを前にしたこの時季はソワソワしてしまいがち。もしかして、ちょっといい人に出会えたからといって、テンション急上昇でグイグイと迫り過ぎていませんか?

付き合ってもいないのに結婚の話をしたり、お泊りデートの計画を立てたり、too muchに前のめりになり過ぎてはうまくいく恋も壊れてしまいます。今回は、そんな「前のめり子」についてお話します。

「前のめり子」の危険な特徴

妄想する女性

「あの人とは絶対に気が合うと思う! この恋逃さない!」と過剰に前のめりになっていませんか?

「前のめり子」は、ちょっといいなと思った人に対して妄想しやすい特徴があります。相手をきちんと理解する前に勝手なイメージを抱いてしまうのです。

たとえば、笑顔が素敵だという一面を見ただけで「優しい人に違いない」とか、数ある趣味のうちの一つが同じだっただけで「私たち絶対に気が合う」とか、相手のほんの一部を垣間見ただけでその人のすべてを分かったような気になってしまいます。

一部が全部であることなどありませんから、当然ながらイメージと本人は違います。にもかかわらず、前のめり子は「やっと出会えた運命の人!」と言わんばかりに妄想特急に乗って理想郷へ旅立ってしまいます。

よく知りもしない相手に対して、一人で勝手にテンションが上がってメール攻撃や電話攻撃をしたり、付き合ってもいないのに結婚の話をしたり、相手の家の近くに引っ越したり……。そんなことをされても相手は困るだけです。二人の気持ちに温度差があればあるほど、相手は恐怖を感じます。

この勝手な妄想は、相手だけでなく、前のめり子自身をも後々不幸にしてしまうことになります。なぜなら、前のめり子が恋したのは現実の相手ではなく、彼女が勝手に作り上げた妄想上の相手だからです。そのため、後になって「こんな人だと思わなかった」と言う確率が高いのです。

相手のことをほとんど知らない状態で恋のエンジンがかかってしまう人は気をつけてください。相手をよく知らないうちから「最高の相手に出会った」「今度こそ絶対に理想の相手に違いない」「二人は絶対結ばれる」などと思い込むのはやめましょう。

「前のめり子」になりやすい人とは?

残念ながら、「前のめり子」になりやすい人がいます。次の項目に一つでも当てはまる人は注意が必要です。
  • 彼氏や結婚相手がいなくて焦っている
  • 中学~大学まで女子校育ち
  • 男友達がいない
  • 恋愛経験が少なく、ロマンチストである
  • 自分に都合の良い考え方をしがち
  • 物事のある一面だけを見て全体を決めつけやすい
  • 感情優先で行動しやすい
  • 結果を急いで求めるところがある
いかがですか? 心当たりはありませんか? 厳しいようですが、一つでも当てはまる場合は「前のめり子」の傾向があります。気をつけましょう。

というのも、実は「前のめり子」は恋がうまくいかないだけでなく、体目的の男性に引っ掛かりやすいからです。次のページで詳しく解説します。