山の緑と海の青が堪能できる贅沢なドライブルート

 

 

文学や映画のまちとして知られる尾道から、歴史ある城下町・今治へ。
瀬戸内海の海を眼下に渡っていく爽やかで贅沢なドライブルートはいかがでしょうか。

広島県尾道市から愛媛県今治市へ至る西瀬戸自動車道、通称「しまなみ海道」。
向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島の6島を美しい橋でつないだ、距離59.4kmの高速道路です。

島々には世界初の3連つり橋である来島海峡大橋、橋長1480mの斜長橋である多々羅大橋など、美しい橋が7つ掛かっています。
どの橋も個性がありアーチに芸術を感じます。
山の緑と海の青が堪能でき、こんなにも眺めの良い道路は初めてでした。
思わず運転しながら「すごい!すごい!きれいいい!」と叫んでしまうほど。
わき見運転は禁物ですが、ゆっくり運転しながらのどかな島を眺めて走ると、とても癒されます。

一気に四国まで海道を渡りきるのではなく、折角島々が沢山あるので、途中のICで降りて島内をドライブすると更に旅を満喫できると思います。

私は、大三島インターで下車し、島内をドライブ&観光しました。
大三島には、おおやまづみ神社という全国の三島神社の総本社である神社があります。
ここは古くより武将からの信仰があつく、国宝級の貴重な鎧や兜が沢山あり、見ごたえがありますよ。

道の駅で、みかんソフトやじゃこ天で一息。
それからまた橋をいくつも走り抜け、四国今治へ辿りついた時には、何とも清々しい気持ちでいっぱいです。

ぜひ、晴れた日に渡ってみて下さい。
キラキラと太陽の光が反射する瀬戸内海は、世界に匹敵する美しい光景ですよ。

■大山祇神社

住所:愛媛県今治市大三島町宮浦3327
電話番号:0897- 82-0032
開門時間:8:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日:なし
料金:大人 1000円、大高校生 800円、小中学生 400円
アクセス:瀬戸内しまなみ海道・大三島ICから車で約10分

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。