高演色のMR16型LED電球 「Superline LED」

高効率LEDと高演色LEDの仕組み

図1. 高効率LEDと高演色LEDの仕組み (イメージ)

「Superline LED」の大きな特長はこれまで大電流、ハイパワーを要求される高価な産業用ディバイスに利用されてきた特殊基板を照明用に最適化して搭載したLED電球です。

これは従来のLEDでは困難であった極小単一光源(シングルコア)による高出力を実現し、配光制御にも優れていることから、MR16型ハロゲン電球と同等の照度と光の広がりを低ワットで実現しています。

 

2700K

写真3. 3000KのVividモデルで照明した例

「Superline LED」シリーズはEssentialモデル(高効率)とVividモデル(高演色)があります。前者はコストパフォーマンスを高めたもので、後者はモノ本来の自然な色彩を鮮やかに再現する自然光モデルになります。

特にVividモデルは紫色LEDチップに幾つかの蛍光体を取り入れたもので、Ra95前後の高演色を実現しています(図1 LEDの演色効果と効率の関係)。

 

3000K

写真4 2700KのVividモデルで照明した例

また、光色も2700Kと3000Kの2色があり、いずれも人の肌色や生鮮食品、生花などを美しく見せる赤色の表現力に優れています(写真3、4)。

「Superline LED」は形状、寸法、重量に至るまでMR16型ハロゲン電球同等のコンパクト性を備えています。

 

配線ダクトに取り付けて使用

写真5. 「Superline LED」を配線ダクトに使用

これによりグレアレスタイプのスポットライトなど、ランプ寸法に合わせてシビアに設計された12V用MR16型ハロゲン電球用器具(12Vに変換されたトランスを内蔵した器具、またはトランス別置器具)にもフィットする、優れた器具互換性を実現します。

例えば配線ダクトは100V用でも12Vダウントランスを内蔵したMR16型ハロゲン電球ダクト用器具であればこのランプに代替することが容易にできます(写真5)。

EssentialおよびVividモデルともランプの口金は、ねじ込み式EZ10とピン式のGU5.3タイプがあります。またEssentialの演色性はRa80でVividほどではありませんが効率が高いので(約35lm/W)用途に応じていずれかを選び分けすることが勧められます。

※製品についての詳細は、ウシオライティング株式会社のWebサイトをご参照下さい。

【関連記事】
スポット効果を高めるPAR型LED電球
住宅照明の失敗 その3
住宅照明がLEDに代わる3
MR16型LED電球って何?

Copyright(c)中島龍興照明デザイン研究所. All rights reserved


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。