その考え方に基づいて、不動産価格を求めるには、次の3つのものさしが併用されることになります。

つまり・・・
<不動産価格の三手法>
1.「原価法」  ・・・・・・費用性
2.「取引事例比較法」・・・・市場性
3.「収益還元法」・・・・・・収益性   です。

今回は、不動産価格の3手法の1つである「原価法」についてお話していきます。