毛穴のザラツキを上手に攻略するための条件は2つ

1 肌を刺激しないこと
摩擦負担を与えるようなコットンでの過度な拭き取り、小道具やツール、機器などで皮膚を擦るのは逆効果。皮膚は擦られると「刺激を感知して皮膚を厚くする」傾向があるようです。擦るケアを続けていると、皮膚が未熟な細胞群によって厚くなり、毛穴につまったり毛穴をふさいでしまいます。

2 肌を水分不足にしないこと
毛穴のザラツキの根源である角質肥厚は、実は肌の水分不足から起こります。水分不足に陥った肌は「角質同士の結合を切り離すための酵素」がうまく働かないため、角質同士ががっちりスクラムを組んで厚くなり、肥厚し、毛穴のザラツキになるのです。

毛穴のザラツキは「指のはら」を使って指スクラブで取る 

お風呂に入ったら、肌を湯気でふやかします。バスタイムでなければ市販のラップで肌を覆ってふやかします。肌がふやけたのを確認したら、毛穴のザラツキが気になる部分を軽く指でこすって、古い角質をこそげ落とします。約30秒ほどであかすりのようにポロポロ取れてきます。

毛穴のザラツキケア

お風呂の中の「指スクラブ」で毛穴のザラツキケア



必ず片方の指で肌を押さえて、肌を大きくうごかさないように気をつけながら、もう片方の表面を軽く擦る程度に。できるだけやさしく表面だけ軽くこするのがコツです。指スクラブで角質をこそぎ落とした後は、冷水シャワーで十分に洗い流しましょう。

スキンケアは、たっぷり水分注入しながらザラツキ解消できるコスメを。毛穴のザラツキを攻略できるオススメのアイテムをご紹介します。

角質と毛穴汚れをうるおわせてほぐすことにこだわった化粧水

みずみずしく心地いいのにうるおい感もしっかりあって絶妙なバランス。角層を取り除きやすくし、毛穴から汚れを出しやすくするので、この化粧水をつけてから「指スクラブ」をすることをおすすめします。角層の接着物質を切断する働きを促し、不要な角層を剥がれやすくし、毛穴汚れを一掃します。イプサ独自のダイナミックデリバリー成分で毛穴の内側までみずみずしさを届けるので、つるつるとしたなめらかな肌を実感できるはずです。


イプサ スキンクリアアップローション

イプサ スキンクリアアップローション

 イプサ
スキンクリアアップローション
150ml 3,675円
http://www.ipsa.co.jp/sp/lotion1305/

毛穴に居座った皮脂=“居座り皮脂”を除去するクレンジング

“居座り皮脂”とは、加齢などが原因でおきる大人のゆるんだ毛穴にたまった皮脂のこと。毛穴にたまりやすく、それが酸化することで粘りっぽくなり、さらに排出されにくくなります。蓄積された皮脂は毛穴を押し広げ、毛穴のゆるみを助長し、真皮にもダメージを与えるので、根こそぎ取り除くケアが大切です。

このクレンジングバームは、コクのあるベースが肌の上で素早くなめらかな液状に変化。キメや毛穴の奥までゆき届き、メイクと共に”居座り皮脂“を溶かし出します。また、過剰な皮脂分泌を抑制し酸化を防ぐことで、居座り皮脂の予防に。ゆるみのないキュッと引き締まった毛穴レスな肌へ導きます。このクレンジングを使用後に「指スクラブ」をするととても効果的です。


 

アルビオン アンフィネスホワイト メルティング ディープ クレンズ

アルビオン アンフィネスホワイト メルティング ディープ クレンズ

 

アルビオン アンフィネスホワイト
メルティング ディープ クレンズ
150g 4,725円
http://www.albion.co.jp/products/detail/ifw_mdc


3種のピーリング粒子で肌に無理なく取りのぞく
「モイストピーリング効果」を採用した角層ケアマスク


従来のピーリングとは違って、重層化した角層に働きかけるICトランスミューターPXで、不要な角層をほぐし浮き上がらせる優秀なマスクです。不要な角層による毛穴のザラツキに対応。肌に塗って1分後、水を加えてマッサージしながら洗い流すだけで、保湿成分が行き渡り、しっとりなめらかな生まれたての肌に仕上がります。
このマスクを使ったあとに気になる部分だけを「指スクラブ」すれば、毛穴のザラツキは一掃できます。

 

ディシラ プレドミナ モイストピーリング イマキュリスト

ディシラ プレドミナ モイストピーリング イマキュリスト


ディシラ
プレドミナ モイストピーリング イマキュリスト
120g 4,935円
http://www.dicila.co.jp/products/face_work/01pr_010.html
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。