レシピブックの料理をいろいろお試し

まずは付属のレシピブックに掲載されている料理をいくつか試してみました。ご覧ください。

■ピザストーンで焼く「ピザ」
デロンギ・コンベクションオーブン

ピザストーンで焼くピザは本格的な焼きあがり!

このコンベクションオーブンには、付属部品として「ピザストーン」がついてきます。ピザストーンは、食材の水分をほどよく吸収して加熱する効果があるとのこと。ということで「ピザ」からトライしてみました。設定は、下段230℃で約10分。市販のピザをベースにし、トッピングに手を加えたお手軽ピザですが、表面はカリッと中はふっくらとした焼きあがりで、なかなか上手にできました。こんなに小さいのに本格的なオーブンと全く一緒! さすがイタリア出身の家電ですね。
 

■「焼き野菜のホットサラダ」
デロンギ・コンベクションオーブン

付属のトレイに好きな野菜を並べて焼くと、おいしいホットサラダのできあがり!

次は、付属のトレイを使う料理から。キャベツ・アスパラ・ナスなど、好みの野菜を適当にカットし、トレイに並べて塩とオリーブオイルをかけて焼くのみ。上段にセットし200℃・10分でOK。仕上げにバルサミコ酢をかけて、でき上がりです。ワイヤーラックを入れる位置を間違えて高めにしてしまいましたが、ほどよくイイ色に焼けた野菜は、甘みが凝縮されてとてもおいしくなっていました。シンプルだけど見栄えの良い一品です!
 

■「豚バラ肉のチーズキムチ焼き」
デロンギ・コンベクションオーブン

上左:豚バラ肉を広げた上にチーズとキムチを乗せる/上右:豚バラ肉で左右から具を包む/下左:肉を乗せたオイルプレートと、長ネギを敷きつめたトレイ/下右:焼く時は上下に重ねてセット

続きまして、付属のトレイとオイルプレートを重ねて使うレシピです。トレイには、ななめ切りにした長ネギを広げ、塩・コショウをします。オイルプレートには、豚バラ肉の薄切りを敷きつめ、その中央にチーズとキムチをのせて、両サイドを重ねて包むようにします。それを、長ネギの上に重ねてセットし、上段・200℃・20分で加熱します。このように、組み合わせて使えば食材の脂がトレイに落ち、余計な油を使わず調理ができるという訳です。
 
デロンギ・コンベクションオーブン

左:こんがりと焼けた豚肉巻き/右:肉の旨みが染みた長ネギ

20分後トレイを出してみると、棒状になった豚肉巻きはこんがりとイイ色に焼けていました。端からチーズがたれていて、見るからにおいしそうです。肉の下に重ねた長ネギは、豚肉の油を程良く吸って、しっとり蒸し焼きのような状態になっていました。
 
デロンギ・コンベクションオーブン

夕飯の一品としてボリュームのある「豚バラ肉のチーズキムチ焼き」のでき上がり!

肉は食べやすい大きさにカットし、付け合わせとして長ネギを添えれば完成。今回は、しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉を使ったので、肉の量が少なかったかのではと心配したのですが、キムチとチーズが入っているので、なかなか食べ応えのある一品になっていました。また、程良く豚の旨みが含まれた長ネギが非常においしく、重ねて加熱する効果が最大限に生かされていると実感。このオーブンならではのレシピと言えるでしょう。
 

■「トースト&目玉焼き」
デロンギ・コンベクションオーブン

上左:パンと耐熱皿に卵とソーセージを入れたものをセット/上右:ワイヤーラックの上に直接置く/下左:こんがりと焼けたパン/下右:目玉焼きとソーセージの焼きあがり

次は、トーストです。パンを1枚トーストするだけだとスペースが余るので、ヨコに耐熱皿を置き、目玉焼きとソーセージを焼いてみました。コラチは230℃で7分程度。パンはしっかり焦げ目がついて見た目は上々。食べてみると、外はパリッとしていて中は程良くふんわり感が残る、イイ感じに焼けていました。一緒に入れた卵とソーセージも、きちんと火が通っています。コンパクトですが、食パン2枚程度の大きさは余裕であるので、こうしてオーブントースター的に使うことも問題ありません。
 

次は、レシピにはない、揚げ物のお試し結果です!>>