3つ星ビストロ NE-R3000(Panasonic)
3つ星ビストロ
NE-R3000(Panasonic)
2008.9.1発売予定
食欲の秋シーズンに間に合うように、いよいよオーブンレンジ2008新製品のリリースが始まりました。今回ご紹介するのは、Panasonicブランドとして初めて発売となる「3つ星ビストロ」の新製品です。発売は9/1と少し先ですが、ちょっと驚きの新機能が搭載されましたので、そのスゴサをお届したいと思います。オーブンレンジの買い替えを検討している方、少し待つ価値ありですよぉ~。
 
<INDEX>

 

上はオーブン・下はレンジの『合わせ技セット』とは?

焼き物と煮物のイメージ
これらのような、焼き物と煮物の2品を同時に作ることができる新機能が搭載!なかなか魅力的です
スチーム機能が標準化されつつある中、次なる進化は何かな?と思っていたら、な・な・なんと、オーブンとレンジ(マイクロ波)の同時使いが実現!!これにより、焼き物と煮物の2品を同時に作ることができるとか。これはなかなか興味津々です!

最近のオーブンレンジは、本当に簡単においしい本格調理ができるため、今までよりぐっと「使いたい」と思う気持ちが高まるのですが、オーブンを使うと、その前後は電子レンジが使えないのが残念。たとえば、ハンバーグを焼いている途中に「あぁぁ、付け合わせの野菜、レンジで下ゆでしておけばよかった...」と思っても後の祭り。こんな経験をした方、多いのではないでしょうか?そんな不満を解消してくれるのが、この『合わせ技セット』なのです。
 
『合わせ技セット』仕組みイメージ
グリル皿で仕切ることで、上はグリル調理・下はレンジ(マイクロ波)調理が同時進行できるようになりました!
これは、前機種から搭載された、2つのアンテナでマイクロ波を効率よくコントロールする『ダブルアンテナ』+今機種から搭載された、立ち上がりが早く加熱能力の高い『光ヒーター』による「光ヒーターシステム」に加え、独自の「グリル皿」を使うところに秘密があるとか。焦げ目がしっかり付きおいしく焼けると好評のグリル皿は、マイクロ波を吸収して発熱しています。したがって、このグリル皿で庫内を上下に仕切ることで、上段は光ヒーターでしっかりとグリル調理をし、グリル皿の下ではマイクロ波調理をと、2つの加熱方法が同時進行できる仕組みを実現しているのです。