パナソニックの電子レンジ・オーブンレンジ

電子レンジに求められている原点「便利で早い」をとことん追及し、マイクロ波やオーブンヒーターの新技術を開発し、早さとおいしさの両立を目指している。実は、オーブンレンジにスチーム機能を搭載したのは、このメーカーが一番先。そのため、スチーム技術も確実。自動メニューや付属のレシピも充実し、デイリーで調理家電としてとことん使いたい人におすすめ。スマホ対応も進化しています!

■代表機種:ビストロ・NE-BS1300 ※2016年6月発売
2016年モデルは天井面がフラットになり清掃性が進化!新形状の3Dアンテナによりマイクロ波をらせん状に放射させる業界初の「サイクロンウェーブ加熱」を搭載。64眼の赤外線センサーと合わせ、より的確な加熱を実現。光ヒーター搭載のスピード調理・2品同時あたためはじめ、「蒸し物」「蒸し焼き」も10分でできる時短調理「スピードスチーム機構」や少量調理の「スピードエリア加熱」など時短機能が満載。
■代表機種:ビストロ・NE-JBS653 ※2016年9月発売 
50代・60代をメインターゲットにした「Jコンセプト」シリーズモデル。和食や煮物メニューの充実や1~2人分の調理が時短できる「エリア加熱」、蒸し物や焼き蒸し料理が10~15分でできる時短メニューなど、便利な1台。液晶の操作パネルもキレイで使いやすい 。

【関連サイト】
パナソニック 電子レンジ・オーブンレンジ(メーカー公式サイト)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。