2011オーブンレンジ新製品

2011年モデルは、全メーカー「赤」を採用したモデルを設定してします

例年よりやや早めに新製品が出そろった2011年。電子レンジの本分でもある「時短」がトレンド。各社それぞれのアプローチで時短調理を提案してきました。

また、ボディカラーは「赤」がトレンド。全メーカーが採用しているほどの人気色です。今年は、しばらく新製品を発売していなかった三菱電機が新製品を出し、全5メーカーで暑い夏を戦います!では、各社の特長を以下にまとめましたのでご覧ください。 


レンジグリルで時短~三菱電機・ZITANG (5月発売)

三菱電機・レンジグリル

操作パネルには、目玉機能であるマイクロ波とグリルのリレー調理「レンジ→グリル」のボタンが独立して設定されています

オーブンレンジでは定番となった過熱水蒸気非搭載のオーブンレンジ。実は、使用頻度があまり高くない機能を思い切りカットしたのがポイント。毎日、時短ができる簡単な道具という意味を込めた「ZITANG(時・短・具)」は、シンプルながら、日々の調理を時短する新発想が新鮮です。

注目機能は、マイクロ波であたためグリルで仕上げる「レンジグリル」のリレー加熱や、「予熱なしオーブン」など。リレー加熱は、揚げ物の温め直しがカラッとできるのはもちろん、グラタンやオムレツなどが短時間でおいしくできるので、日々の調理で非常に活用できます。さらに、オーブン皿はセラミック製で調理したままテーブルに出せるなど、さらなる時短への配慮もあります。

※詳しくは「お試しレビュー」をご一読下さい!
※製品サイト:三菱電機・レンジグリル

 

10分レシピで時短~パナソニック・3つ星ピストトロ (6月発売)

オーブンの立ち上がりが早く、焼き物調理がおいしいと定評があるオーブンレンジ。2011年モデルは「光ヒーターシステム」がさらにパワーアップし、ますます早く&おいしく料理ができるようになりました。従来の「凍ったままグリル」や、2品同時にできる「合わせ技セット」「2品同時あたため」と合わせ、毎日忙しい子育てファミリーに人気の一台です。

パナソニック・ビストロ

さらに立ち上がりが早くなった「新・光ヒーターシステム」は、グリル皿が薄くなり発熱量が約50%アップ

ビストロ一番の特長である「光ヒーターシステム」は、マイクロ波で裏面が加熱される「ビストログリル皿」と、立ち上がりの早い「遠赤ブラックヒーター」で、短時間で料理ができる人気の機能。新モデルでは、グリル皿の発熱量が旧モデルより約50%アップし、さらに素早い立ち上がりを実現しました。これにより、30Lタイプのオーブンレンジでは初の、トースト5分台を実現!表も裏もこんがり焼ける実力はさすがです。

 

パナソニック・ビストロ

10分レシピには、チーズカツや牛肉ロール巻きなど、メインディッシュになるしっかり料理もあり活用できます!

また、10分以下で焼き物調理ができる自動メニューが登場。製品には「10分でちゃんとごちそう100レシピ集」が同梱され、時短料理が直ぐに実践できます。会場では、「チーズカツ」や「牛肉ロール巻き」などの肉料理と、うどんで作るカルボナーラ「うどんの焼きボナーラ」などが紹介されました。ガイド宅では「豚肉のみそ漬け焼き」が好評! レシピ集を参考にすると、普段自分ではしない味付けの料理ができるのも、メリットのひとつですね。

※製品サイト:パナソニック・オーブンレンジ

次は、個性のあるオーブンレンジです >>