ジメジメ・ベタベタな高温多湿のこの季節。つい化粧直しに力を入れてしまいがちですが、毎日のスキンケアを意識することで、テカリやベタつきにくい肌を育てることができます。その結果、メイクも崩れにくくなり美肌を1日中キープすることができるようになります。


毎日のスキンケアでテカリ知らずの肌を育む

テカリやベタつきは皮脂の過剰分泌が原因です。スキンケアでは皮脂を刺激しない事が大切になってきます。

「洗顔はやり過ぎない」
よくテカリが気になるからと日に何度も洗顔する方がいますが、肌表面が乾いているとかえって皮脂分泌が促進されます。洗顔はたっぷり泡立てやさしく丁寧に行い、やり過ぎには注意しましょう。
ベタつきが気になるからと洗顔をし過ぎていませんか?

ベタつきが気になるからと洗顔をし過ぎていませんか?

「しっかり保湿」
その後ローションなどでたっぷりの水分を与えます。収斂化粧水などで毛穴を引き締めるとより効果的です。最後にべたつかないゲルなどで適度な油分を補給します。

「分泌された皮脂はこまめにふき取る」
皮脂は放置したままだと酸化するので、出たら脂取り紙などでこまめに皮脂を取ります。その際もゴシゴシこすらず、軽くおさえるように使用しましょう。

「角質ケアで肌のキメを整える」
キメを整える、つまり肌の機能が整うことで皮脂分泌が正常にコントロールされ、テカリが抑えられる肌になります。

「美白ケアで肌の明度を上げる」
テカリやギラつきは光を乱反射させ、透明感のない明度の低い肌になります。キメが整うと光を広く拡散してくれるので、透明感のある肌に。


インナーケアや生活習慣でテカリ体質を改善

食事では、脂っこいものや刺激物は皮脂分泌を活発化させるので、食べすぎには注意しましょう。ビタミンB2・B6は皮脂分泌の代謝を促しますので、これらの栄養素を含む食品を積極的に摂り、サプリメントでも補うと効果的です。

また寝不足や、バラバラの生活リズムは肌の代謝が落ちる原因に。生活習慣を整え、十分な睡眠を取ることで肌代謝を上げてバランスの取れた肌に。他にも普段汗をかかないと、ベタベタした汗をかきやすく、肌もベタつきやすくなります。適度な運動や半身浴などで普段から汗をかく習慣を持ちましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。