カロリーが低いものをボリューミーに食べる

ダイエット,AllAbout ダイエット,AllAbout 阿部エリナ,食事undefined夜,

夜の食事は少し気をつける事ができれば怖くない!

昼食から夕食までの時間が長いと、空腹感が強くなるためドカ食いしてしまう可能性もあります。空腹感が強い時は食事の前にお茶やお味噌汁、スープなど温かい飲み物を飲んで空腹感を和らげ、それから食事を摂りましょう。

そして、こんにゃくや豆料理、野菜など低カロリーのものをたっぷり食べつつ咀嚼回数を増やすのも効果的です。柔らかいものばかりを食べると満腹中枢が刺激されにくいためいつまでたっても満腹感を感じられずに、寝る前になって結局お菓子を食べてしまう、ということにもなりかねません。野菜は、わざと食べにくいように大きなサイズでカットしたり、茹ですぎないよう固めに調理すると良いでしょう。

夜の食事におすすめの低カロリーボリュームレシピを1品ご紹介しましょう。糸こんにゃくを使ったネバネバ蕎麦です。糸こんにゃくを蕎麦代わりにし、トッピングは卵、納豆、オクラ、めかぶ、なめこ。ネバネバした食材は低カロリーなのに満腹効果が高いのでおすすめです。

夜遅い食事でも選び方次第でダイエットは成功します。活動量が少ない夜の食事は1日の中で最も粗食を心がけ、その分、朝と昼は好きなものをたっぷり食べてもOK。食事の楽しみを、夜から日中に変えていくと、夜の粗食に徐々に慣れてきます。そうなったら、ダイエットは成功です!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。