ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「ザ・ダイニング ルーム」アフタヌーンティーセット“HANA”

"HANA" スイーツ5品+飲み物undefined一名様2100円(税込み・サービス料別途要)

"HANA" スイーツ5品+飲み物 一名様2100円(税込み・サービス料別途要)

紅茶もポットサービスで、たっぷり

紅茶もポットサービスで、たっぷり

現在、ストリングスホテル東京インターコンチネンタル26階「ザ・ダイニング ルーム」で展開中のアフタヌーンティーセット“HANA”。涼やかなガラスのプレートに盛り付けられたスイーツ。多彩な色合いでスイーツの花が開いています。

このメニューを開発したのは、女性シェフパティシエの加藤シェフ。ハーブやスパイスを巧みにスイーツに取り入れることを得意とするシェフは、ひとつひとつの素材の特徴を引きだし、絶妙な風味のスイーツへと仕上げています。

このセットを作るにあたり、フローラル感を常に意識し、「この場限りの花のはかなさ」をスイーツに込めたという同シェフ。デリケートな香りと繊細な味に、フレッシュフルーツが調和したアフタヌーンティーセットをご紹介します。

スープ・ド・カモミール
一口ごとに変化するテイスト。清涼でありながら甘美。絶妙な調和が魅了します

一口ごとに変化するテイスト。清涼でありながら甘美。絶妙な調和が魅了します

スイーツをスープで表現したというユニークさもさることながら、そのうまさは口にした人にしかわからないかもしれません。カモミールを煮出したシロップに、フレッシュフルーツが漬けこまれたスープ。とてもナチュラルで、軽微なスイートテイストに、清涼感が加わっています。

そこに、数種類のフレッシュフルーツも浮かび、一口ごとに異なる風味に変化します。スープ中央に浮かぶのがバラのソルベ。ソルベを崩してスープと一緒に食べると、風味はさらに変化。バラの気品が加わることで、スープを口にした後の華やかなアロマが、内側から鼻を軽やかに抜けていきます。

グラスの底に敷かれたブランマンジェをすくって合わせることで、風味が一層変わり、今度はブランマンジェのまろやかな味わいが現れてきます。これは、女性シェフらしい繊細さ、感性が活かされた逸品。

カシスのマカロン
マカロンもサーブする直前にオレンジフラワーウォーターで仕上げ

マカロンもサーブする直前にオレンジフラワーウォーターで仕上げ

ラベンダー色をしたマカロン生地にサンドされた、滑らかなクリームとベリーのソース。フレッシュフルーツもアクセントに。ベリーらしい酸味とクリーミーさに包まれています。

パッションフルーツのマカロン
2つあるマカロンも異なるテイスト

2つあるマカロンも異なるテイスト

カシスのマカロンに比べ、こちらは控えめな感じ。まろやかにまとまったクリームとフレッシュフルーツのハーモニーが魅力。

ラベンダーの香るクレームブリュレ クッキー添え
クレームブリュレにはラベンダーの香りがほんのり

クレームブリュレにはラベンダーの香りがほんのり

表面を覆うキャラメル層を崩して、少しだけ食べたら、添えているクッキーをスプーンのように使って、クリームを一緒に食べてみるのもおすすめ。最初にご紹介したスープ・ド・カモミールのように、一口ごとに味の変化を付けられます。添えられたクッキーには、タイム、レモンピール、レモン汁、ラベンダーが入っており、酸味と香り、そしてビターも時々現れるのがとっても楽しい。

ジャスミンティーのタルト
ジャスミンのはかない香りもスイーツに閉じ込めています

ジャスミンのはかない香りもスイーツに閉じ込めています

どのようにしてジャスミンティーを用いながら、フローラルに仕上げるかと、苦労の末に生まれたスイーツ。加藤シェフは、このタルトを作る際、いくつものジャスミンティーをテイスティング、さらにスイーツに入れての試作を重ねられたそうです。ジャスミンティーは数あれど、茶葉の力が出すぎているもの、グリーンぽさが出ているもの、ジャスミンの香りの方が勝っているものなどあり、茶葉選びひとつとってもご苦労があったとか。

ライチとアプリコットのソースがジャスミンティーのタルトにぴったりと寄り添って、シェフの求めるフローラル感が出ています。最初に伝わってくる華やかな香りから始まって、ほんのりとジャスミンの香りが、口に含んだあと内側から時間差で訪れます。

“HANA”には紅茶が一番合う

このアフタヌーンティーセットには、コーヒーより紅茶が合います

このアフタヌーンティーセットには、コーヒーより紅茶が合います

アフタヌーンティー“HANA”では、20種類のドリンクリストから選べます。紅茶は、オーガニック・ダージリンアッサムウヴァ・クオリティーアールグレイ・クラシックキームン

ハーブティーは、カモミールローズヒップ&ハイビスカスルイボス チョコオレンジラベンダーベリータルトレットなど。

一番人気は、オーガニック・ダージリン。すがすがしい香りとキリリとした味わいで、プレートのどのスイーツにも相性がいい。他にも、アッサムや、ウヴァなど、フローラル感が見事に表現されたプレートには、紅茶のシャープなテイストがぴったり。これらの紅茶なら、スイーツそれぞれの個性を一層引き立てます。

アフタヌーンティーセットでは、コーヒー、カプチーノ、エスプレッソなどを選ぶことも可能ですが、今回のメニューに関しては、断然紅茶がおすすめです。

アフタヌーンティーセット”HANA”は、6月30日までのご提供。


■店舗情報
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 26階 「ザ・ダイニング ルーム」
住所:東京都港区港南2-16-1
Tel:03-5783-1258

・アフタヌーンティーセット“HANA”
期間:2013年6月30日(日)まで
時間:14:30~17:30
料金:2100円(税込み、サービス料別)

~耳より情報~
7月からは毎年好評の「かき氷」が登場。昨年一番人気、二番人気の商品を残し、3種類が新登場の予定。加藤シェフに取材したところ、ホットな情報を入手。

今年の大注目は、カレーをイメージしたかき氷。もちろん甘さがあるけれど、時々カレーが顔をのぞかせる。カレー粉を入れたシャーベットやカレーオイルで作るシロップなど……。カレー粉もシェフの手にかかれば魅惑の味に変身するに違いないでしょうね。

また、セロリ、ハーブ、青りんごを使ったベジ系かき氷と、ベリー系のかき氷が登場を控えているとか。こちらもとっても楽しみです。

6月12日新着情報
同店人気の夏期メニュー「かき氷」 今年の新顔決定!
かき氷5種。左から、抹茶、青りんごハーブ、カシス、トロピカルカレー、桃

かき氷5種。左から、抹茶、青りんごハーブ、カシス、トロピカルカレー、桃

新たに加わった商品は、
・「カシス」
カシスのシャーベット/フランボワーズグラン/ミックスベリー・バナナ
エルダーフラワーとバナナ・苺のシロップ
「青りんごハーブ」
青りんごのシャーベット/マンゴーグラン/ぶどう・柑橘系フルーツ/セロリの香る柑橘シロップ
「トロピカルカレー」
パイナップルとココナッツのシャーベット/パッションフルーツグラン
パイナップル・マンゴー・ブルーベリー/パッションフルーツとマンゴーのカレーシロップ

別添えのソースにより自分の味を作れる楽しさも。
アフタヌーンティーセットundefined1800円(税・サービス料込)

アフタヌーンティーセット 1800円(税・サービス料込)

目玉となるのは、トロピカルカレー。カレー粉を使ったかき氷ってレアですね。これまでにない味に出会えそうです。

アフタヌーンティーセット
提供期間:2013年7月1日(日)~9月16日(月・祝)
時間:14:30~17:30
料金:1800円(税・サービス料込)
内容:かき氷、小菓子、お好みのドリンク(紅茶やハーブティーなど全20種から)

■関連リンク ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。