日焼止めを選ぶ指針「SPF」と「PA」

紫外線は美肌の大敵。シミはもちろん、シワやたるみの原因にもなります。紫外線を防ぐことが、いつまでも若々しくいるための必須条件です。これ以上、肌にダメージを与えない為にも積極的に紫外線対策に取り組みましょう。

紫外線対策において欠かせないのが日焼け止めです。選ぶ時に目にする「SPF」「PA」の文字。これらは紫外線をブロックする効果を数値に置き換えて表しています。肌質や状況に合わせて選べるよう、ぜひ覚えておきましょう。

「SPF」とはSun Protection Factorの略でUVB波の防止効果を表す指標です。何も塗っていない状態で、紫外線にあたり肌が赤くなるまでの日本人の平均を約20分とした場合、これを何倍遅らせることができるかを示しています。現在50+が最高値です。

「PA」とはProtection Grade of UVA つまりUVA波の防御指数を表します。A波は長時間かけて肌の細胞にダメージを与え、老化を促進し、肌の弾力を失わせます。紫外線防止効果測定法基準が改定され、昨年まで最高値が+++だったのが、今年からPA++++まで表示できるようになりました。
 

日焼け止めを塗る時の注意点

SPFの数値は、日焼け止めを1平方センチメートルあたり約2mgずつ塗った時の測定値です。大体の人はこれよりも薄く塗っているので、一般的には1/3~1/2程度の効果しか得られていないと言われています。一度自分の塗布量をチェックしてみましょう。

塗り直す際は、汗などを抑え、特に日に当たりやすい頬骨、Tゾーンなど高くなっている部分、また照り返しを受けやすいあごの下などには念入りに重ね塗りをしましょう。意外と塗り直しが多い「耳」「首の後ろ」「生え際」「足の甲」などにも注意してください。

また日焼け止めは基本的にメイクと同じなので、落とす際はクレンジングが必要です。特にウォータープルーフタイプには専用クレンジングでないと落ちない場合もありますので、表示をよく確認しましょう。
 

シーンによって日焼け止めを使い分ける

SPF数値が高いと、確かに日焼け止め効果も高いといえますが、実は肌への負担も少なからず大きくなります。シーンによって使い分けることが、肌への負担を少なくしっかり紫外線を防ぐ秘訣です。

デイリーではSPF25 PA++、外出時間が多い場合ではSPF35、PA+++以上。海や山でのレジャー、外でのスポーツなどにはSPF45、PA+++以上が必要です。海水浴はもちろん、汗などで日焼け止めが落ちやすいので、ウォータープルーフタイプもおススメです。
 

海や山、外でのスポーツにはSPF値が高い物を

海や山、外でのスポーツにはSPF値が高い物を

今はいろんなタイプの日焼け止めがありますので、シーンやパーツ事に使いやすいものを選ぶのも良いでしょう。一般的なクリームタイプ、さっぱりとしたジェルタイプなど使用感によって肌タイプで使い分けてもいいと思います。全身に使える便利なスプレータイプやシートタイプなどは持ち歩きにも便利なので、カバンに入れておくといいでしょう。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。