待ちに待ったバカンスシーズンの到来

sommarsverige1

気持ちよい青空が広がるストックホルムの夏

スウェーデンの短い夏を満喫しようと、スウェーデン人たちは、6~8月にかけて、1ヶ月ほどの休暇をとります。夏は、スウェーデンの観光のベストシーズンであり、そして、バカンスのシーズン! 北極圏以北のラップランド地方では、太陽の沈まない白夜の時期が5月下旬から7月初旬ごろまで続きます。

sommarsverige2

夏の日差しが心地よい、ソーデルマルムのメインストリート

日中の平均気温が10度以上の日が5日間以上続くと夏とされているスウェーデンですが、日本に比べると湿度が低いので、気温が20度を超えても大変気持ちがよく、過ごしやすく感じられることと思います。暑いなあと思ったら、日陰で一休みをすれば、さっと汗も引きます。夏でも朝晩や日陰では、肌寒く感じられるので、一枚羽織るものを。カーディガンやトレーナーなど簡単に脱ぎ着できるものを常に持ち歩かれることをお勧めします。

各地域の一般的な夏の始まり
  • マルメ(南部)……5月初旬
  • ストックホルム(中部)……5月中旬
  • キールナ(北部)……6月中旬
8月の中旬になると、新学期のスタートに向けて町は新たな顔を見せます。子どもたちは夏休みが終わり、大人たちも休暇が終わり、スウェーデンの夏が徐々に秋の気配を見せ始めるのもこのころです。日中の気温は上がりますが、朝晩は気温が下がり始めますので、春秋用の薄手のジャンパーやコートなどを準備されるとよいでしょう。

■ストックホルム
  • 7月の最高平均気22度 最低平均気温13度
  • 7月中旬の日の出の時刻 4時ごろ 日の入りの時刻 22時ごろ
■キールナ
  • 7月の最高平均気温17度 最低平均気温マイナス7度
  • 7月中旬の日の出の時刻 日の入りの時刻 白夜