【記事のINDEX】
結婚準備もネットが大活躍!……1Pめ
実際に目で見てから考えたい、という方へ……1Pめ
百貨店のブライダル会員も賢く活用!……2Pめ
ガイド平野家の結婚準備エピソード……2Pめ

結婚準備もネットが大活躍!

心のこもった大切な日のために、納得できる準備をしたいですね!

心のこもった大切な日のために、納得できる準備をしたいですね!

結婚式の準備をするカップルにとって、やるべきことは山のようにあります。ウェディング情報誌で、結婚式当日までのスケジュールやダンドリを確認し、気になる情報をチェックしたり、資料請求をしたりするのも楽しいですが、お互い仕事をしている場合、準備に充てられる時間が限られている分、効率的に準備をしたい、と考える人も多いと思います。

忙しい2人にとって便利なツールが、結婚情報サイトなどの結婚準備コーナー。希望の条件で結婚式場やドレス、指輪などを検索し、ある程度候補を絞ってから資料請求や見学予約をすることができます。サイトを経由して下見などを申し込むと特典があるケースもあるので、利用してみる価値は大きいと思います。

もう大分前の話になりますが、筆者も結婚準備を始めたばかりの頃は、なんとなく目についたドレス店に立ち寄っていました。けれども、それでは時間がいくらあっても足りません。ネットで希望のタイプを絞った後、そのお店で試着をする、という方法を取り、納得できるドレスを見つけることができました。
ゼクシィnet 

ネットといえば、先日、Amazonが「ウェディング準備ストア」をオープンしたというので、早速見てみると、ウェディング用書籍や小物だけでなく、ドレスや結婚指輪までネットで買えるというので、大変驚きました。今やネットで買えない物はない、という世の中……究極のワンストップですね。
Amazon「ウェディング準備ストア」

実際に目で見てから考えたい、という方へ

効率的に情報収集をすることができる、という点では、ネット系は大変便利ですが、結婚式場の担当者などに会って直接話を聞いたり、会場やドレスなどを目で見てからイメージを固めたい、という方もいらっしゃいます。ホテルや専門の結婚式場で、挙式から披露宴までパッケージ化されている場合は、ウェディングプランナーのような専門スタッフが、当日までのスケジュール、ダンドリなどをナビゲートしてくれるので大変助かります。衣装や飲み物等の持ち込み制限について確認する必要がありますが、やりとりをする相手や費用を支払う先がある程度絞られるので、準備や予算の管理などはしやすいでしょう。

>>百貨店のブライダル会員も賢く活用!詳しくは次ページ