残って冷たくなったヤツを熱々ご飯にかけて食べると絶品

 

 桜エビと豆腐の中華風茶碗蒸し

日本の茶碗蒸しみたいに気を遣わなくて良い楽ちん蒸し物。残って冷たくなったヤツを熱々ご飯にかけて食べるのも、お行儀は悪いけれど絶品です。それが食べたくでわざと残したりします。

材料(2人前)
卵2個
桜エビ 適量
豆腐 2分の1丁
中華スープ 180CC(中華のダシの素をお湯で溶けばよし)
胡麻油 スプーン小さじ1
塩、胡椒、醤油適量

手順
1、豆腐を水切り、あるいは電子レンジで2~3分加熱してから、16等分くらいに切る。この辺はテキトーに。切った豆腐を蒸し器に入れられる器に入れておく。
2、卵、中華スープ、ごま油、胡椒、味を見て塩を混ぜてザルで漉し、豆腐の入った器に流す。
3、桜エビを全体に振って、蒸す。私の場合、でかいフライパンに湯を張って、そこに器を入れて蓋をしちゃいます。多少、スが入っても気にすることなし。
4、中火くらいで串を刺して透明な汁が出るまで蒸す。
5、食べる時に好みで醤油を回しかける。

今回は無かったの入れませんでしたが、細ネギを切ったものを入れてもキレイにできます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。