自宅外私大生の生活費

勉強のために私立大学に入ったけれど……

4年間で400万円以上、学部によっては3000万円近くも学費がかかる私立大学。長引いているデフレで年収がなかなかあがらない今、その学費を出すだけでも大変です。ましてや下宿生の子どもを持つ親は、厳しい家計からの仕送り代も捻出しなければなりません。

仕送り代については、「イマドキの一人暮らし大学生の仕送り・小遣い事情」でも書きましたが、今回は首都圏の私大生に特化して、学費、仕送り、生活費について紹介します。

自宅外私大生の初年度にかかる費用はどのくらい?

まず、受験から入学までの費用を見ていきましょう。以下の通りです。
自宅外私大生の受験から入学までの費用

[表1]入学までに200万円以上!(クリックで拡大)


一般的な受験日程の場合、高校3年の冬から大学入学時まで半年間で200万円以上も飛んでいく計算になります。大学入学時に受け取りを設定しておいた学資保険の満期金などは、ここで使い切ってしまうことになるかも知れませんね。

この金額に入学後の仕送り代を入れると一体どうなるでしょう。
自宅外私大生の入学の年にかかる費用

[表2]仕送りが入ると、こんなにかかるんです(クリックで拡大)


自宅外から通う私大生の費用が290万円以上かかっている一方、自宅から通う私大生の費用は152万1782円(※)で、その差額は約142万円。自宅を出て私大に行く場合に備えるのであれば、入学の年に300万円は準備しておかなければならないことがお分かりいただけると思います。
(※)東京私大教連「私立大学新入生の家計負担調査2012年度」より

次ページでは、学生の視点で自宅外生の生活費について見ていきましょう>>>