大学生の小遣い事情

仕送りや小遣い、いくら渡しているの?

教育費のピークと言われている大学時代、もし子どもが一人暮らしになった場合、どの程度仕送りや小遣いにお金がかかるのでしょうか。

気になる仕送りや小遣いの金額について、イマドキの大学生を対象に行われたアンケート調査を紹介します。

 
【イマドキ大学生の生活実態調査】
イマドキ大学生の生活実態調査

※クリックで拡大します※
一人暮らしと実家暮らしの生活にはこんな差が……


一人暮らしの学生の仕送り・小遣いは4年間で約475万円!

一般的に、実家暮らしより一人暮らしの大学生の方が「貧乏学生」といったイメージを持つ方が多いかと思いますが、アンケート調査で浮かんできたのは、正反対の学生像のようです。

一人暮らしの大学生がもらっている仕送りや小遣いは毎月4万5161円となり、実家暮らしの大学生がもらう小遣い、1万6083円の約2.8倍に!

また、生活費と比べてみると、実家暮らしの大学生は小遣いの方が少ないですが、一人暮らしの大学生は、生活費を上回る仕送り・小遣いをもらっていることがわかります。

一人暮らしの大学生がもらっている家賃と仕送りを合わせた金額は、毎月9万8994円にのぼり、4年間に換算すると、なんと約475万もかかることに。もし国公立大学に進学した場合、学費は300万円(※)近くかかるので、合計で750万円以上は覚悟しないといけない数字です。
(※)参考:平成22年度国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果について

子どもが大きくなって一人暮らしをするかどうかは、あらかじめわかることではありません。生活費を出してあげたいと思っている方は、学費以外にも準備しておく必要があることを忘れずに。

そして意外だったのは「アルバイトをしている割合」です。次のページで紹介します。