父の日にピッタリなシャツ型ラッピングを制作!

シャツ型ラッピング

シャツ型ラッピング

父の日は家族のために、毎日頑張って働いているお父さんに、感謝の気持ちを伝える日です。決してプレゼントを贈る日ではありません。世の中のお父さん達は高価なプレゼントをもらうよりも、子どもから「お父さん、何が欲しい?」と聞いてもらえるのが嬉しいのだそうですよ。子どもが描いたお父さんの似顔絵、手作りのペン立て、写真立て、プレゼントは何でもOKです! 子どもが用意した心のこもったプレゼントは、ネクタイ付のシャツ型にラッピングし、日頃の感謝の気持ちを書いたカードを添えて贈りましょう。そしてネクタイ付のシャツ型ラッピングに父の日の象徴である黄色いバラの花を付ければ、プレゼントは完璧です。シャツ型ラッピングも黄色いバラも、制作方法は見た目以上に簡単なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。


シャツ型のラッピングの制作方法

材料:プレゼント、包装紙、リボン、丸い黄色い画用紙、四角い緑の画用紙

ラッピング材料

マチ付き袋を使うと簡単です

1.包装紙でプレゼントを包みましょう。丸い形の物ならマチ付き袋に入れると簡単です。

 
片方は長く、片方は短く

片方は長く、片方は短く包みます

2. プレゼントを包みます。包み方は一般的なキャラメル包みです。必ず包装紙の片方が長く、片方が短くなるように、プレゼントを置いてください。
※マチ付き袋の場合はこの工程は不要です。

 
テープで留めます

テープで留めます

3. プレゼントを包んで、テープで留めます。
※マチ付き袋の場合はこの工程は不要です。

 
三つ折り

三つ折りにします

4. 包装紙の長い方又はマチ付き袋の口を均等に、三つ折りにします。

 
切り込みを入れます

両脇に3/1程切り込みを入れます

5. 裏返して包装紙の合わせ目を下にします。三つ折りにした一番下の折り目に、両端から3分の1の辺りまで、はさみで切り込みを入れます。

 
襟を折る

襟を作ります

6. 切り込みを入れた部分をシャツの襟に見立て、内側に折り曲げます。

 
リボンを掛ける

後ろからリボンを掛けます

7. 包装紙の裏側にリボンを掛け、切り込み部分から前に出します。

 
ネクタイを結ぶ

リボンをネクタイのように結びます

8. リボンをネクタイの様に結びます。 

 

黄色いバラの花の制作方法

渦巻きを描く

渦巻きの幅は太くて構いません

1. 黄色い画用紙に渦巻きを描き、緑の画用紙には葉っぱの形を描きます。

 
渦巻きを切る

線に沿って渦巻きを切ります

2. はさみで渦巻きを切っていきます。緑の画用紙は葉っぱの形を2枚切り取ります。

 
逆回転に巻く

きつく巻いてください

3. 渦巻きの外側(切り始めの部分)を軸にして、逆回転に内側へ向かって紙を巻いていきます。紙は強目に巻いてください。

 
バラ完成

バラの花の完成です

4. 巻き終わるとバラの花の様な形になりました。
元に戻らないように、裏側にボンドを付け花を固定してください。

 
シャツにバラを付ける

シャツ型ラッピングにバラを付けます

5. バラの花の裏に葉っぱを付けてください。 最後にシャツ型ラッピングの胸にバラを飾りましょう。







お父さんが喜ぶ最高のプレゼントとは?

写真立てと黄色いバラ

写真立てに黄色いバラを飾りましょう。

子どもが父の日に似顔絵をプレゼントするのは世界共通です。お父さんの笑顔、お父さんの働く姿、子どもはお父さんの姿をよく観察しているのです。そんなお父さんのパワーの源は、子どもの頑張る姿、そして成長していく姿なのです。父の日は家族のために頑張っているお父さんに、日頃言えない感謝の気持ちを伝えましょう。お父さんが喜ぶ最高のプレゼントとは、ありきたりですが「お父さん、いつもありがとう」の言葉ですよ!
トルティーヤ

型抜きトルティーヤサンド

もし、お父さんを手作り料理でもてなすなら、父の日に!簡単でお洒落な型抜きトルティーヤサンドがお勧めです。トルティーヤをクッキーの型で抜きオーブントースターで焼いて作ります。ぜひプレゼントと一緒にくつろぎの時間もプレゼントしてあげてくださいね。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。