財布のひもは夫と妻どっちが握る?

結婚を決めたカップルにとって、家計管理をどうするかは大切なこと。シングルの間はお互いが自分のお金を自由に使えるのですが、結婚をすると話は別です。長い間つきあうパートナーとお金です。夫婦で話し合って、無理のない最適な家計管理方法を選びましょう。

妻家計管理、夫小遣い制は、妻に権限がある分、管理能力も問われます

妻家計管理、夫小遣い制は、妻に権限がある分、管理能力も問われます


家計管理の方法は大きく分類して、どちらか一方が財布のひもを握るものと、2人で分担するものがあります。まずは、どちらかが財布をにぎるパターンを紹介しましょう。

パターン1:妻が管理し、夫は小遣い制

妻が家計を管理し、夫には小遣いを渡すパターンです。夫に浪費癖があり、妻はお金の管理が得意なカップルにおすすめです。

メリットは管理が楽なこと。特に専業主婦家庭では、夫は銀行に行く必要もなく効率的です。

デメリットは家計の状況が不透明になること。毎月の支出や貯蓄の金額は妻が管理し、夫は何も知らない夫婦もいます。また、夫から見ると不公平を感じる可能性もあります。自分が稼いだお金を自由に使えないと思う人には、この方法はストレスかもしません。

このパターンの場合、家計費の使いすぎに注意しましょう。贅沢をしているわけではないのに、家計の支出が増えることがよくあります。必要だからと判断し支出が多くなりがちです。今月だけ……と思っていても、これが慢性的になってしまうと危険です。赤字家計にならないように、あらかじめ決めた家計費内でやりくりすることが大切です。

また、夫の小遣い額はこまめに見直しましょう。職場によっては、つきあいの悪さが評価ダウンになるというところもあります。また、仕事に役立つ本、ステップアップのための勉強などは将来への投資とも考えられます。夫婦でよく話し合って小遣い額を見直しましょう。

パターン2:夫が管理し、妻は生活費制

夫から妻に家計費を渡すパターンもあります。夫がお金の流れを管理し、生活費を妻に渡します。妻がお金の管理に自信がない場合におすすめです。

メリットは生活費が一定額以下におさまること。妻はやりくりをして渡されたお金の範囲で生活することになります。デメリットは妻が収入や貯蓄の実態を知らないこと。妻がお金関係のことを何も知らないと、夫が急病や万が一の時に困ることになります。

妻が生活費の範囲内で節約をしていても、効果の出ない場合があります。そんな時は、妻が管理していない支出(給与天引きの保険料など)を含めて、生活費全体を見直すようにしましょう。収入が減ったのに生活費は変わらずという事態も避けたいです。支出のバランスを夫婦でチェックするようにしましょう。

妻の小遣いも生活費の一部としてみなされると、つい妻の小遣いが不透明になります。生活費の一部とみなすと、いくらでも使えることにもなります。妻の小遣いは金額の多少はあっても必要なものです。生活費と区別して管理しましょう

これまで一方が家計管理をする方法をみてきました。次のページでは夫婦共同で管理する方法をご紹介しましょう。