結婚相手の年収は最低400万円以上、できれば500万円以上ほしい!?

女性が思う結婚相手の理想年収は600万円だとか……。年収600万円の相手を探すのは難しいのでは?

女性が思う結婚相手の理想年収は500万円だとか……。年収500万円の相手を探すのは難しいのでは?

結婚はしたいけれどお金がないからあきらめる……というカップルが多いようです。

未婚女性が結婚相手に求める最低年収はどれくらいなのでしょうか? 20代未婚女性の57.1%、30代未婚女性の67.9%が年収400万円以上、20代未婚女性の37.3%、30代未婚女性の41.6%が年収500万円以上を希望しているとのことです(明治安田生活福祉研究所「第9回結婚・出産に関する調査」より)。

あくまでも、これは最低希望年収ですから、女性の本音としては年収500万円以上を希望と考えるのが妥当でしょう。

結婚相手の年収、現実は平均400万円前後

「平成27年分民間給与実態統計調査結果」(国税庁)より、年齢別の平均年収(単位:万円)。男性の平均年収が500万円を超えるのは35~39歳以降となっている

「平成27年分民間給与実態統計調査結果」(国税庁)より、年齢別の平均年収(単位:万円)。男性の平均年収が500万円を超えるのは35~39歳以降となっている

実際の男性の年収をみてみましょう。上の表は、国税庁が調査した「平成27年分民間給与実態統計調査結果」です。男性の平均年収をみてみると、25~29歳383万円、30~34歳451万円、35~39歳510万円と、理想の結婚相手の年収500万円は30歳代後半にやっと手が届く程度という結果となっています。

その後の40歳から60歳のファミリー世帯では、教育費がかかりだして支出がピークに達するころ。老後の生活も考えなくてはいけません。この年代でやっと年収500万円超えという現実をしっかり受け止めましょう。30歳前後の平均年収は400万円程度がやっとです。

共働きなら年収600万円は可能

ここで考え方を変えてみてはどうでしょうか? 結婚相手だけの年収500万円を求めるのではなくて、夫婦で500万円以上を目指すのです。共働きだと年収600万円は可能でしょう。夫の年収が400万円とすると、妻が200万円稼げばいいということです。

上の表では、女性の平均年収は25~29歳で306万円、30~34歳で307万円、35~39歳299万円となっています。この程度の収入を得られれば、夫婦2人の年収をあわせて600万円どころか700万円も無理ではない状況ですね。

また、夫婦共働きには他にもメリットがありますよ。次のページでご紹介します。