新ごぼうとアスパラの炒め物

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずきんぴら

 

旬をシンプルにいただく! 新ごぼうとアスパラの炒め物

香りがよく柔らかい新ごぼう、甘みがあって風味の強いアスパラ。
この2つの野菜だけで、シンプルな炒め物を作るととても美味しく仕上がります。

味付けもシンプルに塩、こしょう、酒のみ。
塩きんぴらのような味付けですが、粗挽きのブラックペッパーが味の決め手です!

新ごぼうとアスパラの炒め物の材料(2~3人分

新ごぼうとアスパラの炒め物
新ごぼう 1本(約100g)
アスパラガス 2~3本(約100g)
オリーブオイル 大さじ1
大さじ1
適宜
ブラックペッパー 適宜

新ごぼうとアスパラの炒め物の作り方・手順

新ごぼうとアスパラの炒め物

1:新ごぼうを細切りにする

新ごぼうを細切りにする
新ごぼうはさっと洗ってから2~3mm角の細切りにします。アクが少ないので、切ったものは一度さっと水に浸し、すぐにざる上げしておきます。
新ごぼうを細切りにするには、斜め切りにしたものをきれいにまな板の上に並べ、次に端から切りたい幅に切っていくときれいに仕上がります(写真は手順がわかりやすいように、左手をはずして撮影してあります)。

2:アスパラを斜め切りにする

アスパラを斜め切りにする
アスパラは2~3mm幅の斜め切りにしておきます。 アスパラは細切りにしてしまうと食感が悪くなるため、斜め切りにするのがよいです。

3:はじめに新ごぼうを炒める

はじめに新ごぼうを炒める
フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、よく水気を切った新ごぼうを入れて炒めます。

4:次にアスパラを加える

次にアスパラを加える
新ごぼうの表面に少しだけ透明感が出てきたら、アスパラを入れて炒め合わせます。

5:酒を加える

酒を加える
アスパラに少し火が通りはじめたら、酒を加えて少し蒸し焼きにします。 炒め物に酒を加えることで、甘さとうま味をほんのりつけてくれます。

6:塩こしょうをして仕上げる

塩こしょうをして仕上げる
酒の水分が飛んで、アスパラにも火が通ったら、味を見ながら塩こしょうをして仕上げます。こしょうは粗挽きのブラックペッパーがおすすめです。

ガイドのワンポイントアドバイス

アスパラは1本を4等分くらいに切って食べることが多いですが、炒め物の場合は特に、食べやすく、なおかつボリュームを出すことができるので「斜め切り」にするのもおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。