桜鯛と新たまねぎの和風スープ

所要時間:20分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋スープ

 

春を感じられる、桜鯛と新たまねぎの贅沢和風スープ

淡白な味の中にも豊かな味わいのある「白身魚」はあっさりとした和風スープにぴったり。特に春の時期には、「桜鯛」とも呼ばれる旬の鯛の切り身を使ってぜひ作りたいものです。

旬の時期を同じくする「新たまねぎ」や「スナップえんどう」を一緒に合わせ、ちょっと贅沢な和風スープに仕上げます。

桜鯛と新たまねぎの和風スープの材料(3~4人前

桜鯛と新たまねぎの和風スープ
1切れ分(100~150gくらい)
新たまねぎ 1個
スナップえんどう 5~6本
だし 600ml
小さじ1/2
薄口醤油 小さじ1
ブラックペッパー 粗挽きのものを少々
オリーブオイル 小さじ1~2

桜鯛と新たまねぎの和風スープの作り方・手順

桜鯛と新たまねぎの和風スープ

1:鯛の骨を取り除く

鯛の骨を取り除く
鯛の切り身は食べやすい大きさに切る前に、腹骨などの骨を取り除きます。
鯛の骨は太くしっかりしているため、1本1本丁寧に取り除くことが大切です!

2:鯛を切ってから下味をつける

鯛を切ってから下味をつける
骨を取り除いた鯛は、食べやすい大きさに切り分けた後、塩こしょう(分量外)にて下味をつけておきます。

また、鯛を焼く前に、新たまねぎとスナップえんどうの下ごしらえも行います。新たまねぎは皮をむいて半分に切った後に6等分の串切りにし、スナップえんどうは筋を取ってから食べやすい大きさに切っておきます。

3:鯛を焼いて火を通す

鯛を焼いて火を通す
鍋にサラダ油(分量外)を薄くひき、鯛を皮から両面焼きます。火の通しすぎに注意しながら焼き、火が通ったら一旦鍋から取り出しておきます。

4:新たまねぎとスナップえんどうに火を通す

新たまねぎとスナップえんどうに火を通す
鯛を焼いた鍋に分量のだしを加え、沸いてきたら新たまねぎとスナップえんどうを加えて火を通します。

鰹節と昆布を使っただしの取り方については、シンプル和食の「だしの取り方」も参考にしてみてください。

5:スープに味をつける

スープに味をつける
野菜に火が通ったら、分量の塩、薄口しょうゆ、オリーブオイルでスープに味をつけます。

6:鯛を戻し入れる

鯛を戻し入れる
焼いた鯛を戻し入れ、さっと温めてから器に盛り、仕上げに粗挽きのブラックペッパーをふりかけていただきます。

ガイドのワンポイントアドバイス

白身魚を使った和風スープは、鯛の他にもタラやヒラメ、すずきなどで作っても美味しく食べることができます。和風だしや醤油は、実はオリーブオイルととても相性がよいので、ぜひお試しください。