ワイヤージュエリーの基本の編み方

ワイヤーの編みだし方は、糸と変わりませんがワイヤーは糸と違って伸縮性がありませんのでワイヤーがたるまないように、またゆっくりと編むように意識で編むとよいでしょう。

ここでは作り目を引き締めて編みだす基本的な目の作り方をご紹介いたします。

【1】ワイヤーのかけ方
ワイヤージュエリー基本の編み出し

ワイヤーのかけ方


左手の手のひらを上に向け、小指と薬指の合間にワイヤーを
はさみます。薬指と中指の内側を通し、人差し指にワイヤーをかけます。




【2】ワイヤーの持ち方
ワイヤージュエリー基本の編み出し

ワイヤーの持ち方


親指と中指でワイヤーの端20cmの所を持ち、人差し指を立ててワイヤーをピンと張ります。






【3】編み始め
ワイヤージュエリー基本の編み出し

ワイヤーの編み始め

かぎ針の針先のフックを下に向け、右手の親指と人差し指でグリップ部分を握り、ワイヤーの後ろ側に針をあて、数字の6を描くように針先を反時計回りに回し、針にワイヤーを巻きつけます。





【4】ワイヤーを引き出す
ワイヤージュエリー基本の編み出し

ワイヤーを通します

ワイヤーが交差した所を親指と中指で押さえます。
ワイヤーの手前に針をあて、下から上へすくい上げるようにして針をワイヤーにかけ、矢印の様に針にかけたワイヤーを輪の中から引き出します。




【5】輪を引き締める
ワイヤージュエリー基本の編み出し

ワイヤーを引き出す


ワイヤーの端を引いて、できた輪を引き締めます。
編んだ目を、右手の中指で押さえるとよいでしょう。
引き締めた目は1目と数えません。





ここまでが基本の編みだし方になりますので
基本の編み始めで迷った時はこちらをチェックしてみてくださいね。


【関連サイト】
楽習フォーラム「ワイヤーレース・ジュエリー」





【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。