森と湖の国、スウェーデン

Sverige1

北欧諸国でもっとも広い国土に森と湖が広がる自然豊かな国、スウェーデン 写真:Sara Ingman/imagebank.sweden.se

スカンジナビア半島に位置し、ノルウェーとバルト海を挟み、フィンランドの間に位置する自然豊かな国、スウェーデン。毎年行われるノーベル賞の授賞式と晩餐会でも有名な国です。国の正式名称は、「スウェーデン王国(Konungariket Sverige, コーヌンガリーケット スヴァリエ)」です。その名前からもわかるように、スウェーデンには王室があり立憲君主制をとっています。現在の元首は、カール16世グスタフ国王です。

北欧諸国の中でも最も広い国土を持つスウェーデン、国の面積は日本の約1.8倍、約45万平方キロメートルもあります。この広い国土には、湖と白樺の森が点在しており、人々はこの自然を愛してやみません。人口は、2015年の統計で約980万人となっています。大半を占めるスウェーデン人のほかに、フィンランド人、北部に住むサーメ人、スウェーデン以外の国で生まれて移住してきた移民が多く住んでいます。

首都ストックホルム 

スウェーデンの首都ストックホルム

「水の都」と謳われる、スウェーデンの首都ストックホルム

スウェーデンの首都、ストックホルムは、メーラレン湖とバルト海に面する水とそこに浮かぶ島々の大変美しい町です。その美しさから「水の都」や「北のヴェネツィア」と呼ばれ、毎年大変多くの観光客が訪れます。

北欧最大の都市でもある、ストックホルムは、メーラレン湖やバルト海といった水の美しさのみならず、町の中には至るところに公園や自然保護地域が存在し、緑豊かな都会の都市です。

 

スウェーデンの地方都市と有名な地方

国土の広いスウェーデン、地域ごと名前がついており、南の地域を「スコーネ地方」と呼びます。スコーネ地方の大きな町は、デンマークに近いマルメ、大学の町として有名なルンド、ヘルシンボリなどがあります。

ダーラへストと夏至祭で有名なのがダーラナ地方です。ファールン、レクサンド、ムーラといた町があり、旅行者に人気のある地域です。オーロラ観測をしたい方に人気があるのが、北部の地域、「ノールランド」です。キールナやルーレオといった町があります。

忘れてならないのが、スウェーデンの第2の都市、ストックホルムの反対側に位置するヨーテボリです。運河があり、海に面するこの町も水の多い大変美しい町です。このほか、スウェーデンには、ゴットランド島とエーランド島という島があります。