WATERRAS(ワテラス)オープン!

WATERRAS(ワテラス)

WATERRAS(ワテラス)

4月12日、またしても東京に新たな商業施設がオープンしました。丸ノ内線淡路町駅や御茶ノ水駅からもほど近い場所にある、その名も「WATERRAS(ワテラス)」。淡路小学校跡地に開発されたこの施設は、オフィス、レジデンス、アトリウム、コミュニティ施設、そして商業施設などから構成されています。もちろん、このサイトで注目するのは、商業施設内にできた飲食店! さあ、どんなレストランがお目見えしたのでしょうか! 


小田原直送の海鮮をリーズナブルに

小田原 魚國

小田原 魚國

小田原で明治44年に創業した魚商•魚國商店が東京に初出店した、「小田原 魚國」。自慢はもちろん魚介を使った料理の数々。社長自らが、毎日市場で買い付けた新鮮な魚を直送し、その素材の魅力を存分に感じられる料理に仕立て上げています。

ランチタイムのおすすめは、いち日限定10食の「小田原魚國海鮮丼」(1800円)。季節の鮮魚に加え、生ウニなどをのせた、赤字覚悟の海鮮丼なのです! 
小田原魚國海鮮丼undefined1800円

小田原魚國海鮮丼 1800円

他にも湘南の名物である生しらすと釜揚げしらすを贅沢に使った「湘南しらす丼」(1300円)、「季節野菜と大海老の天重膳」(1500円)なども。

さらに、4月14日までの3日間は、オープン記念特別価格として、この3つのメニューがなんと500円!! いかなきゃ絶対ソンしますよ!

■小田原 魚國
【所在地】:東京都千代田区神田淡路町2 ワテラスモール2階
【電話番号】:03-3525-4131
【営業時間】:11:30-23:00(21:30L.O.) ※土日祝は22:00(21:00L.O.)まで

温泉水で炊き上げる釜飯

季節釜めし 花小梅

季節釜めし 花小梅

デパ地下などでおなじみの、豆腐•湯葉専門店「梅の花」が関東初となる釜飯専門店「季節釜めし 花小梅」をプロデュース。「和食の基本は米」。そんな思いから生まれたお店だそう。今回注目したのが、昼のコース「」。季節の釜飯もふくめ、約15種類のご飯ものから好みの味を選び、小鍋、茶碗蒸しやデザートまでつく盛りだくさんな内容で、お値段は1500円。
海老の釜飯

海老の釜飯

 
柔らか牛タンシチュー

柔らか牛タンシチュー

まずは釜飯から。写真は「海老の釜飯」です。蓋をあけるとふわりと香るご飯の優しい香りをまずは楽しんでください。たまらず頬張れば、ふっくらとしたご飯の粒が舌に優しく寄り添います。海老の旨みもたっぷり。注文をうけてから炊き上げるからこその美味しさを堪能!

さらにこのコースにつく、小鍋料理もお見事。赤みそを加えた和風デミグラスソースで煮込んだ「柔らか牛タンシチュー」。名に違わず、大振りのタンを口に含めばほろほろと繊維がほどける心地良さ。小鍋料理は他に「黒毛和牛の肉豆腐」や「エビチリ」など5種類から選べます。
黒豚の釜飯

黒豚の釜飯


 コースにプラス400円で注文できる「黒豚の釜飯」も絶品でした。豚肉からでるエキスが濃厚! そこにさらなる深みを与えているのが、粗みじんのごぼうです。そしてこちらの釜飯を炊き上げるのは、温泉水だとか。ふんだんなミネラル分が、米本来のおいしさをさらに引き出しているのです。

■季節釜めし 花小梅
【所在地】:東京都千代田区神田淡路町2 ワテラスモール2階
【電話番号】:03-5289-7760
【営業時間】:11:00-22:00 (21:00L.O.)

さて、次のページでも魅力的なお店ご紹介します!