春野菜を効果的に摂ってダイエット!

春野菜を効果的に摂ってダイエット!

気温が高くなって植物や花が芽吹く春は、私たち人間のカラダも活発に活動を始める時期です。春はエネルギーが発散され、新陳代謝がアップしやすく、冬の間に蓄えた老廃物を排出する動きが高まってきます。

つまり、春はデトックス&ダイエットのチャンスというわけ!

そこで今回は、カラダの余分な老廃物の排出をサポートしてくれる春野菜とその食べ方をご紹介したいと思います。
 

春野菜の効能

春が旬の野菜は、有害な物質を解毒・分解する肝臓の働きをサポートする成分が豊富に含まれています。以下では、デトックスをサポートする春野菜の栄養と調理法などをご紹介します。楽しく&美味しくデトックスしちゃいましょう!
 
春野菜を積極的に摂ってデトックス!

春野菜を積極的に摂ってデトックス!

■タケノコ
独特のえぐみ=「チロシン」という成分で、老化防止や脳の活性化に効果があります。また、食物繊維が豊富なため、腸を整える効果が高く、便秘の人におすすめです。

調理法「タケノコのおかか和え」
水煮タケノコを食べやすい大きさにカットし、酒、麺つゆを入れて、中火で混ぜながら加熱します。汁気がほとんどなくなったら火を止め、かつお節を加えて混ぜ合わせたら完成です。

■キャベツ
キャベツにはビタミンCがたっぷり含まれているので、美白効果、シミやソバカスの予防、抗酸化作用、コラーゲンの生成に役立ちます。また、ビタミンU(キャベジン)は、胃を丈夫にし胃腸の働きを助けるといわれています。

調理法「アサリとキャベツの酒蒸し」
あさりは洗って一晩砂出ししておき、キャベツは食べやすい大きさにカットし、シリコンスチーマーorフライパンに敷き、あさりを散らします。次に、オリーブオイルと白ワインを回しかけ、15分くらい蒸します。キャベツがしんなりしたら、あさつきを散らして完成です。

■菜の花
βカロテンやカルシウム、食物繊維が豊富。βカロテンは体内でビタミンAに変わり、髪や粘膜・皮膚の健康を維持してくれます。また、葉酸も豊富なため、血行を促進する効果も期待できます。

調理法「菜の花の味噌汁」
菜の花を煮る時間はお好みの硬さで。

■たらの芽
たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいるのが特徴。苦味の成分であるエラトサイドは抗酸化作用に優れ、老化予防に役立ちます。

調理法「たらの芽の胡麻和え」
塩少々を加えた熱湯で色よく茹でて、さっと取り出し冷水で冷まします。水気を切り、薄口しょうゆで下味をつけ、すりごまに調味料を加えて混ぜ合わせます。

■アスパラガス
新陳代謝を活発にするアスパラギン酸が豊富。また、むくみや肝機能をサポートする効果も期待できます。

調理法「アスパラガスの玄米リゾット」
ニンニクのみじん切りとベーコン少々、玄米を少しのオリーブオイルで炒めます。次に、野菜ブイヨンの熱いスープを入れて火にかけ、沸騰したら中火弱にし、小口切りにしたアスパラガスを半分だけ入れ、香りと味をしっかり玄米に染み込ませます。

後は、玄米とスープの様子を見ながら、スープを足してアルデンテに近づけます。最後に残りの小口切りにしたアスパラガスを入れ、サッと火を通して塩で味を整えます。火を止めてから、パルメザンチーズを加え、大きく混ぜ合わせたら完成です。
 

ポイントは「野菜×タンパク質」の組み合わせ

基本的に旬の食材はすべて体にとってよいものです。野菜は、じゃがいもなどの炭水化物の多いもの以外、特にカロリーは気にしなくてもOK。かさ増しにも役立つので、蒸したり、茹でたり、パスタの変わりに活用するなど工夫しましょう。

ただし、いくらヘルシーな春野菜でも、野菜だけの食事では栄養バランスが悪くなってしまうので、たんぱく質(魚、肉、卵、大豆製品)を一緒に摂るようにしながら、無理のないダイエットを実践していきましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。