下半身太りの犯人は、塩分!?

悩む女性

甘いものには気を付けていても……・

みなさんが食事で気をつけるポイントは何でしょうか? カロリー? 食事の量?食材?もちろんそれも大事。しかし、実は見落としがちでとても大事なポイントが「塩分」。油や砂糖には注意しても、塩分量に注目する人は残念ながらあまりいません。食事の味が薄いと言って、しょうゆやソースをかけたり、ごはんに塩を振ったりする方は要注意です。塩分は、醤油やインスタントの出汁、ソース、ケチャップ、ドレッシングなど様々な調味料に入っていて、食べ物を美味しく食べるためには欠かせないものです。

しかし、食欲が進み、食べ過ぎるという可能性も……。漬物やふりかけ、塩辛、明太子、キムチなどがあると、ご飯をおかわりしたくなりませんか?「もう1杯」が「うっかり食べ」につながるのです。他にも、主食をお米より麺類やパンを好んで食べている人は麺やパンに含まれている塩分を知らない間に摂ってむくみに繋がっていることも……。


何故むくみで下半身太りになるの?

塩分を摂り過ぎると濃くなった血中の塩分濃度を薄めようと、身体が水分をためこみ、むくみの原因になります。女性に多い足のむくみは、この水分が重力によって足元に溜まる現象です。

これが足元を冷やし、さらに放置すると、冷えます。体脂肪の働きの一つは「断熱材」。つまり脚が冷えないようにするために脂肪がつきやすくなります。塩分の多い食事を続けていると、腎臓に負担がかかり、むくみやすくなり、太りやすい体になる危険性があるのです。

次のページでは下半身太りにならないための方法をお伝えします。