今回はこんな質問が届きました

くせ毛で前髪がうまくつくれません。どうしたらいいですか?


クセの出やすい前髪は、素早く乾かすのがコツ。まずは前髪セットから。

イメージ画像
クセ毛のスタイリングはなかなか大変ですよね。特に前髪は分量が少ない分、最もクセがでやすいところ。シャンプー後、乾かしたり、ブローをするとき、前髪を後回しにしがちですが、上手にスタイリングするコツは変なクセが出る前に素早く乾かすこと。シャンプーの後、ざっくり全体を乾かしたら、どこよりも早く前髪からサイドの顔周りの髪の毛を乾かし始めましょう。朝、寝グセがついている場合は、水やローションなどで根元を湿らせてからブローします。そもそも髪の毛は、表面だけ濡らしてもクセは治りません。根元をちゃんと濡らすのがポイントなんです。

ゆるいクセなら、ドライヤーで自分のクセとは逆方向から熱風を当てます。例えば、右側にうねるクセがある人は左方向からドライヤーをあてます。左から乾かしたら右から。そして前から後ろ、後ろから前へととりあえず、根元が自由に360°動くように乾かします。つまり根元はほどよく立ちあがり、どっちの方向へも動けるようになっているはずです。

根元の毛流れが一方向に固まらない状態になったら、スタイリングを行います。根元のボリュームを抑えたり、毛流れを整えたりは、まだ余熱が髪の毛に残っているこの間に素早く行うのがコツ。ブローやストレートアイロンを使うとキレイにきまります。おススメはストレートアイロン。上からまっすぐ下ろすと直毛に仕上がりますが、手首を返しながら丸みをつけると自然でツヤのある前髪にスタイリングできますよ。ミニサイズのストレートアイロンなら、コンパクトで小回りがきき、前髪のスタイリングに便利です。

さらにクセが強いようなら、お好みの前髪の毛流れをつくったあと、ヘアピンで止めてヘアスプレーなどで固定。前髪がある程度きまったら、バックやサイドを仕上げます。ちなみに前髪セットはメイクの前に、ある程度やっておくほうが効率がよいですよ。特に根元のドライはね。前髪やフェースライン髪の毛はあなたの顔の額縁。がんばって下さいね!


山本浩未さんおすすめのアイテム

 

マイナスイオンでうるおいスタイリングできるミニアイロン
小さいだけでなく先端が“先細プレート”で髪の根元にスッと入り込んで根元も逃さずしっかりクセづけ。前髪セットにも最適。マイナスイオンでうるおいもしっかりキープ、ツヤも逃しません。マイナスイオンヘアーアイロン ITH10/2980円(編集部調べ)/テスコム

 


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。