隠れ家のような夢空間でいただく正統北京ダック
「全鴨季(Duck de Chine)」1949-THE HIDDEN CITY

北京ダックレストラン「全鴨季」

インテリア、ライティング、雑貨類……すべてパーフェクトな大人空間 (C)1949?THE HIDDEN CITY,BEIJING

北京ダックレストラン「全鴨季」

949?THE HIDDEN CITY,BEIJINGの全景 (C)1949?THE HIDDEN CITY,BEIJING

1949–THE HIDDEN CITY、そこは北京屈指の繁華街・三里屯に位置しながらも、周囲の喧騒から隔絶された静かなリラクゼーション空間です。煉瓦造りのノスタルジックな建物は1949年に建てられた工場を改装して作られたもので、1949という名前はそのことに由来しています。

総面積6000平方メートルという巨大な敷地内にはレストラン、カフェバー、アートギャラリー、多目的スペース、高級会員制クラブなど様々な施設があり、2008年の創設以来、大きな注目を集めています。それもそのはず、ここ1949–THE HIDDEN CITYはアジア各都市でグルメエンターテイメントを展開する香港の会社・Elite Conceptsによるもの。アジアチックでありながらどこかヨーロピアンな雰囲気には感嘆させられます。今回ご紹介するのは1949 – THE HIDDEN CITYに3つあるレストランの一つ「全鴨季」です。

北京ダックレストラン「全鴨季」

伝統の手法にのっとって一羽一羽丁寧に焼き上げる (C)1949?THE HIDDEN CITY,BEIJING

全鴨季北京ダックを看板メニューとするヌーベルシノワです。ここの北京ダックは「帝皇鴨」と名付けられており、味も品質もその名にふさわしいハイクオリティなもの。使用するダックは英国チェリバレー種合鴨(CHERRY VALLEY DUCK)と北京白鴨の混合種で、柔らかな肉付きと香り高さは群を抜きます。そして、焼く前の下準備として、伝統的な手法に加え、酸味を消す独自の処理をおこなってダックの生臭さを取り除きます。下ごしらえが終わったら、“掛爐”――炉の中にアヒルを吊るして焼く伝統手法――で香り高いナツメの木を使用して焼き上げます。

焼き上がったダックは可愛らしいダック型のお皿に切り分けられて登場です。まさにヌーベルシノワ! 見た目も期待を裏切りません。定番の薬味と一緒にピーナッツダレ、ゴマダレ、フライドガーリックが並びますので、お好みで特製タレに混ぜていただくのがツウ。また、ダックを包む皮は荷叶餅(ホーイエピン)という薄皮のほか、 真ん中が空洞の空心焼餅という胡麻付きパンも用意されています。さて、北京ダックのお味のほうですが、ここのダックはパリッとさっぱりタイプ。ヘルシーに北京ダックを楽しむことができます。

 

北京ダックレストラン「全鴨季」

パリッとした食感の後、口の中に広がる芳醇な香りが… (C)1949?THE HIDDEN CITY,BEIJING

全鴨季北京ダック以外のメニューも充実しています。広東料理を中心としたお料理はどれも美味しく、ダック以外の料理を目的に来る人も少なくありません。また、スイーツが充実していること、高級ワインが揃っていることでも有名です。実はこの店は中国で初めてジェームス・ボンド愛飲のシャンパンとして知られるボランジェを提供したレストランなのです。何から何まで至れり尽くせりな全鴨季で、旅の疲れを癒してみてはいかがでしょう。スローテンポな時間の流れの中、至福の時を満喫できること間違いなしです。

<北京ダック>
■北京ダック1匹 268元+10%
内容:北京ダック1匹、荷叶餅(ダックの皮)、焼餅(胡麻付きパン)込み、薬味は別料金10元/人

<DATA>
全鴨季(Duck de Chine) 1949–THE HIDDEN CITY
住所:朝陽区工体北路4号院1949内(盈科中心南門対面)
TEL:010-6501-8881
営業時間:11:00~14:30、17:30~22:00
アクセス:地下鉄10号線「団結湖」駅徒歩約5分


全鴨季以外のおすすめ北京ダックレストランは「北京の北京ダックレストラン」で紹介しています。あわせてチェックしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。