持参のタブレット端末で機内エンタメを満喫する!?

食事の後は何をしましょう。

私は機内エンターテイメントを楽しむことにしました。スクートでは機内に持ち込んだ自分のデバイスを使って、映画やTVプログラムを鑑賞できるのです。

対応している端末は、iPadやギャラクシーノートなどのタブレット端末、MacOSやWindowsOSのノートPC。スマホには対応していません。適用可能な端末やOSはスクートのホームページで確認しましょう。ココです(英語)。

ただし、iPadユーザーは搭乗前に必ずVideo Plug Inをデバイスにダウンロードしておくこと。これを忘れて、私は予告編しか見られず、涙をのみました。WindowsやAndroidOSのノートPCやタブレット端末なら、機内でダウンロードできます。

右の写真がプログラム。機内エンタメの利用料は機内で頼むと16シンガポール$。事前予約すると15シンガポール$。支払いはクレジットカードで。ScootBizなら無料です。

私が利用した際、映画のラインナップは12本。『バットマン ダークナイトライジング』『ボーンレガシー』『バットマンビギンズ』『ニューイヤーズ・イブ』『ボーン・アルティメイタム』『ファイトクラブ』『500日のサマー』等など。新作がないのはちょっと寂しいかな。といっても準備不足で見られなかったわけですが……。

デバイスを持っていない? そういう方は機内でiPad2をレンタルできます。Web予約時にオーダーしておくと、レンタル料は20シンガポール$。機内で頼むと20シンガポール$です。

そうそう。デバイスを持参する場合はイヤフォンも忘れずに。これがないと音がだだ漏れになってしまいます。イヤフォンだけを借りることはできません。iPadの有料レンタルという形になってしまうので要注意。

 

機内販売で何を買う?

機内販売

CAさんが手にしているのが一番人気の航空機モデル

チケット以外の付帯品で収益をあげるのはLCCの常道。もちろん機内販売もあります。

航空機モデル(250分の1)やエアラインベア、ペン、化粧品、酒、ジュエリー、トラベルウォレットなどカタログにはいろいろ出ていますが、一番人気は航空機モデルとのこと。思い出にいかが?



>>搭乗後の感想を総括すると……