座ってみてわかるスーパーシートの大きなメリット

スクートの機材

スクートが使っているのはB777。いかにもLCCな塗装ですが、カジュアルでイイ感じ

前置きが長くなりました。実際の搭乗記に入りましょう。

これがスクート。いかにもLCCっぽい塗装です。シンプル&カジュアル。

機材はシンガポール航空のお古を使用しているので、ピカピカというわけにはいかないけれど、古さは感じられません。重厚さはないけれど、フレッシュで若々しい雰囲気です。

 

スクートスーパーシート

スーパークラスはイエローが目印。座席ピッチは約89cmと広々

これが私が往路で利用したエコノミークラスのスーパーシート。イエローが目印です。エコノミークラスの座席配列は3-4-3。

スーパーシートはエコノミーとは思えないほどのゆったりとした足元で、膝が本当に楽でした。成田ー台北間は空いていたので、座席の肘掛けをおろせば横になることもできましたが、これはうれしい誤算。

こちらはビジネスクラスのScootBiz。座席配列は2-4-2。復路で利用し
スクートビジネスクラス

ビジネスクラスのScootBiz。フットレストが付いている

てみました。

古いタイプのビジネスクラスという印象は否めませんが、後で紹介する機内エンターテイメントも無料で利用できるし、できるだけゆったりのんびり行きたいという人にはいいかも。


 

ホットミールは3種類

右が機内食のメニューです。Web予約時に機内食をオーダーすると機内で頼むよりも価格は20%安くなります。ただし、機内で注文する場合、ク
機内食メニュー

機内食のメニューもイエロー。ホットミールからアルコール、スナック、カップ麺と色々揃っている

レジットカードを使えるのは10シンガポール$以上の注文のみ。飲み物ぐらいしか頼まないという人は空港で両替するなどして、シンガポール$を事前に用意しておきましょう。

ホットミールは3種類。私が利用した時には、「醤油味の鶏肉ご飯」「モロッコ風チキン」「ミネストローネ」が用意されていて、それぞれ10シンガポール$(約700円)でした。ホットミールいずれか1種類にドリンクとプリングルス、パンがついたセットもありました。こちらは17シンガポール$。容器のフタがはがしにくいのが気になりました。味は可もなく不可もなく。今後に期待!

お酒もあります。スナックやカップ麺もあります。

でも、当然ながらそこはLCC。すべて
機内食

復路のビジネスクラスで食べたプレミアムセレクション。22.99シンガポール$

が有料の世界です。機内に食事の持ち込みはできないので、これは必要経費と割り切るべき。






>>機内エンターテイメントを利用しよう