運動をしたくなるメリットを見つける

カレンダー

カレンダーに丸をつけることも一つ

行動分析学を紹介する「メリットの法則」という書籍によると、「行動を強化するための好子(こうし:メリットのこと)は、行動が起きてから60秒以内に現われなければあまり効果がみられない」といわれています。運動をすることで体重を減らしたい場合を考えてみると、運動をしてその効果が60秒以内に現われなければ、行動の強化が起こりにくいということになり、ここに運動を習慣化するむずかしさがあると言えます。「運動をして(血液検査の結果などから)健康的になった」とか、「運動をしてウエストが-3センチくびれた」といったことも運動直後に起こるものではなく、数ヶ月かけて起こる変化であり、運動という行動そのものを強化するには影響力が低いのです。

では運動直後、しかも60秒以内に何らかのメリットを得ることは可能なのでしょうか。書籍の中ではスケジュール帳に運動を行った後に一枚ずつシールを貼っていき、シールの枚数に応じてごほうびを用意するといった事例が紹介されています。カレンダーに大きく丸印をつけること、丸印が一定数たまったらお気に入りのレストランで食事をするといったことでも、運動を続ける喜びが出来るのではないでしょうか。スケジュール帳、カレンダー、ノートへの記録等、取り組みやすいものを選んで行ってみましょう。

現状把握から始まる運動習慣

スマホ操作

スマホで体重管理ができるものも

特に体重を減らしたい、体のパーツをサイズダウンしたいと考える場合、現状を知り、そこから目標値を決めていくようにしましょう。現状把握に欠かせないのが体組成計です。現在はスマートフォンにデータを送ってグラフ化できるものや、パソコンとの連動が可能なもの、骨密度や体年齢などを算出するものなどさまざまな種類があって、どれを選んでよいか迷うかもしれません。購入する際には自分の目的に合ったもので、操作しやすいもの、どのように体重管理を行うか(スマートフォンで行うのか、パソコンで行うのか、ノートなどに書き残すのか等)によっても選択が変わります。また価格についても安価なものから高価なものまでありますので、お財布と相談しながらお気に入りの一品を見つけてみてください。

新しいウエアやシューズで気持ちも晴れやかに

フィットネスシューズ

新しいシューズはやる気をUPさせる

よく「運動を始める前に見た目から入る」という人がいますが、運動を楽しく続けるためにはウエアやシューズなどを新調してみるのも一つの方法です。新しいウエアやシューズを着用すると気分も高揚し、やる気が高まります。ウエアは明るい色のものや好きなデザイン・ブランドにこだわってみるのもよいでしょう。スポーツウエア特有の機能性についても事前に確認し、購入前には試着してみることをオススメします。普通の洋服とは違い、運動するための機能性に優れたウエアですので、動きやすさや軽さなどをチェックしてから購入しましょう。

シューズについては行う運動にあわせましょう。ウォーキングをするのであればウォーキング用のシューズ、ジョギングを行うのであればジョギング用シューズがオススメです。一般のフィットネス用シューズの中には足底がカーブ状になり、履いて歩くだけで下半身の引き締め効果、美脚効果をうたったものなどもあります。ただし底が不安定なので、あまり激しい運動を行うとバランスを崩すおそれがありますので、注意しましょう。

日々の計画にとらわれすぎない

運動を始めた人に起こりがちなことといえば「三日坊主」。どうしても運動する時間が確保できなかった、雨で外出できなかったといった場合など、日々継続して運動を行うことはむずかしく、挫折感を味わってそのまま運動しなくなってしまった…といったことも考えられます。運動を続けることが理想ではありますが、一日できなかったからといってあきらめるのではなく、できる範囲で自分のペースで行うようにしましょう。一週間、一ヶ月単位といった長いスパンで運動を続けられるよう、時にはお休みを入れることもOKです。こういった点からもスケジュール帳にシールを集めるといった行為は、運動を継続させるよいモチベーションになりますね。

運動を行うことで得られるメリットを活かし、わかりやすい目標を立てて、ウエアやシューズにもこだわりを持つことも一つの方法です。ストレス解消にも運動は効果的ですので、ぜひ楽しみながら運動を続けていきましょう。

参考書籍「メリットの法則」