alt

スーパーのジャム売り場には、ココナッツジャムがずらり。メーカーにより味が異なる

まろやかでコクのあるカヤジャムとバターをトーストに挟んだ「カヤトースト」は、毎日でも食べたくなる飽きのこない味わい。だからこそ、家庭でも、カフェでも、また空港内の軽食コーナーにまで登場するほど、現地の人たちに愛されているメニューなのかもしれません。

シンガポールやマレーシアでの朝食時や小腹が空いたときの定番「カヤトースト&カヤジャム」をご紹介したいと思います。オシャレな見た目ではありませんが、一度食べたらリピートしたくなる味! ※カヤとは、 マレー語でココナッツという意味です。

緑色の正体はナニ!? お土産にも最適なカヤジャム

たっぷりのココナッツミルクに卵と砂糖を加えて作るカヤジャムは、ほんのり緑色。これは香り付けにパンダンリーフと呼ばれるハーブを加えるため(添加物の場合もあります)。パンダンリーフは香りや色付け用として、東南アジアではお菓子作りやココナッツミルク入りご飯「ナシレマ」を炊く際に欠かせないハーブ。とはいえ、カヤジャムを作る際にはパンダンを入れないこともあり、その場合は茶色い見た目になります。

シンガポールやマレーシアのスーパーのジャム売り場に置いてあるほか、コーヒーチェーンやお菓子屋さんでもオリジナルのカヤジャムを購入することができます。少し重いけれど、お土産として購入するのもオススメ。定番のトーストだけでなく、アイスクリームに添えたりしても美味しくいただけますよ!

濃厚ココナッツジャムが美味! カヤトースト

alt

バターとココナッツジャムたっぷりのカヤトースト

カヤトーストは、シンガポールやマレーシア街中のカフェならどの時間帯でも注文できるお手軽な軽食メニュー。ホーカーセンターと呼ばれる屋台や、「Ya kun Kaya Toast(ヤクン・カヤトースト)」「Toast Box(トーストボックス)」、「Old Town White Coffee(オールドタウン・ホワイトコーヒー)」といったコーヒーチェーン店では、トーストしたパンにカヤジャムとバターをサンドしたものと甘いコーヒーまたは濃厚ミルクティ、そして半熟卵のセットが朝食の定番メニューとなっています。各コーヒーショップごとにカヤトーストの焼き加減もジャムの味も微妙に異なるため、いろいろと試してみたいところ。大抵の場合、セットで100~300円程度。

alt

レトロモダンな印象の空間。週末やアフター5はどこの店舗もいっぱいに(コンパスポイント店)

どこのカヤトーストもそれなりにおいしくいただけるものの、ヤクンのカヤトーストは一度は試していただきたい味。 炭火でサクッと焼き上げたトー ストにたっぷりのカヤジャムと、多めのバターがサンドされており、トーストというイメージを覆す斬新な食感です。ドリンクは迷わず南国スタイルの濃厚ミルクティー「Teh(テ)」を注文してみて。甘いコーヒーがお好きな方は、練乳入りの「Kopi(コピ)」をどうぞ。ちなみにシンガポールのヤクンには、炭火焼トーストにアイスクリームをサンドしたトーストがあり、こちらもカヤトーストに負けず劣らず美味! ヤクンはショッピングモール内や駅周辺など至る所にあるため、すぐに見つかるはずですよ。

<店舗データ>
■ヤクンカヤトースト ターミナル3店
住所: Basement 2
TEL: 65-6241-4341
※24時間営業

■ヤクンカヤトースト オーチャードセントラル店
住所:181Orchard Rd. #05-33
TEL: 65- 6884-9552

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。