左利き用と右利き用との違いは何?

右へ
右利き用キッチンの作業の流れ方。左から右へ移動していくと、右手を中心に作業しやすい。

通常キッチンで行われる作業の流れは、次のように行われます。
1・買い物をして勝手口から入り、冷蔵庫に食品をしまう。
2・冷蔵庫から食品を取りだし、準備台でビニルパックを取り外したり、袋からだす。
3・シンクで食材を洗う。
4・調理台で食材の下ごしらえをする。
5・コンロで加熱する。
6・配膳台で皿に盛りつける。
7・食卓にだす。

これを図で示すと、上のようになります(I型キッチンの例)。これは右利き用のキッチンプランで、作業の流れは左から右に進行します。例えば左手で冷蔵庫の扉を開け、右手で食材をとりだし、準備した食材を右手でシンクに運びます。

これが逆方向になってるのは左利き用のキッチンプランです。I型キッチンだけでなく、L字型やコ型のキッチンにもあてはまります。左利き用のキッチンを右利きの人が使うと、先の動作が逆になり、使いにくいキッチンになります。  
   

左利き用キッチンは意外と多い

マンションや一戸建て住宅の中には、右利きの人が左利き用キッチンを使っている例が多くあります。

古いマンションなどでは、キッチンの配置が隣の家と鏡のように反転している例が多いので、約半分は左利き用ということも珍しくありません。

もちろん左利き用のキッチンでも、右利きの方が使いやすいように工夫したものもありますから、あくまで基本的な事としてお考えください。
 

キッチンをプランする際の注意は?

左まわり
左回りのキッチンは、右利きの人には使いにくいことがある
キッチンのプランは、住宅全体のプランニングと大きく関わっています。例えば向かって右側にコンロを設置したくても、キッチンの配置によってはレンジフードを右側に取り付けられないこともあります。

例えば上の図のようなオープンキッチンの場合、レンジフードは向かって左側にくるのが一般的です(排気を外に出すため)。ダイニングと対面式のキッチンにしたいと考えると、左回転のキッチンになります。

右利きの方は左回転よりも右回転の方が使いやすくなります。そこで配置を変更して下の図のようにします。ダイニングとキッチンの仕切りには、ハッチ式の食器棚を作ります。
 
右まわり
右回りのキッチンにすれば、右利きの人が使いやすくなる。
こうすると動線が右回りになり、使いやすくなります。ただしダイニングに背中を向けて作業するスタイルになるので、小さい子供に目を配りながら調理したい場合などは、左回りでも対面式を採用した方がよいケースもあります。

キッチンのプランニングで大切なのは、こうした条件をバランスよく判断し、どの条件を優先するかを決めていくことなのです。

次のページで、限られた面積のキッチンをいかに使いやすくするかを考えます。