30年以上の歴史がある麺線の超人気店

店の前にはいつも人だかり

店の前にはいつも人だかり

若者に人気の西門町にある、30年以上の歴史がある麺線の超人気店。台湾では麺線は牡蠣入りと大腸入りの2種類があるのですが、ここは大腸入りの麺線です。

味の染みた豚の大腸とやわらかく煮込んだ麺線(極細麺)が、とろりとしたスープにからまって、一度食べればクセになること間違いなしの一品です。店の前にはいつも若い人たちの人だかりができています。

麺は日本のそうめんに似た感じで、鰹ダシのきいたとろりとしたピリ辛スープと一緒にレンゲですくって食べるのが台湾風。このスープが絶品! みなさん道端で立ちながら食べたり、あるいは隅っこで道端に座って伝統の麺線を味わっています。

また、レンゲで食べるというのも面白いですね。台湾でよく見かけるプラスチック製の小ぶりのレンゲで食べる麺線は、とろりとしたスープも一緒にすくえるので、美味しさ倍増です。自分で味つけできる調味料コーナーがあるので、途中で加えて、また違った味を楽しむのもいいですね。

自分はあまりの美味しさと手軽さに、近くに滞在していたこともあり、台北に滞在中に何度も足を運びました。台北に来たなら是非とも食べたい一品です。

麺線(小:45元、大:60元)

■阿宗麺線
住所:108 台湾 台北市萬華區峨眉街8之1號
電話:02-2388-8808
時間:(平日)11:00-22:30、(日・祝日)11:00-23:00
定休日:なし
アクセス:MRT西門駅から徒歩3分

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。