ウィンドウショッピングにピッタリのロケーション「ギャルリー・サンチュベール」

 

ギャルリー・サンチュベール


ヨーロッパで最も古いアーケード「ギャルリー・サンチュベール」は歴史と迫力を兼ね備えています。

「ギャルリー・サンチュベール(Galeries Royales Saint-Hubert)」は、街の中心の大広場グラン・プラスから近くにあり、通りを歩いているだけでとても楽しめるスポットです。

鉄とガラスでできた美しいアーケードは1846年から1847年にかけて建造されたもので、アールヌーヴォー様式のJ.P.クリュイズナールが設計しました。

アーケード内は「女王」「王」「王子」という名前が付けられたの3つの通りがあります。その通り沿いには目移りするような素敵なお店がずらりと並んでいて、ウィンドウショッピングにピッタリのロケーションです。

カフェで休憩したりや劇場を見学したり、またがアンティークショップでお気に入りのアイテムを見つけるのも楽しいかもしれません。

また、雰囲気ある書店や若手デザイナーや老舗のブティックなどが並ぶファッション通りなどもあります。

 

アーケード内にはたくさんのチョコレートショップが軒を連ねる


そして、このアーケード内にはたくさんのチョコレートショップが軒を連ねています。観光の合間にぜひ立ち寄って、いろんなお店のチョコレートを食べ比べしてみてはいかがでしょう。チョコレートの量り売りをしてくれるお店が多いので、少量で購入が可能です。

チョコレート以外にも、ベルギーの名品であるレースやタペストリーのお店も多く、お土産選びにもよいです。

アーケード全体がエレガントでシックな雰囲気ですので、よりヨーロッパを感じる事ができる場所です。

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。