ロケーションを楽しみながら住み替える時代に!?

住友不動産の高級賃貸マンション「ラ・トゥール」シリーズは現在13棟、1,716戸。今年の上半期に竣工予定の3棟を加えれば、2,000戸を超える規模にまで膨らむ。

半蔵門、汐留、六本木、市谷などいずれも好立地ばかり。居住者のなかには、同シリーズの場所ごとに違ったロケーションを楽しみながら住み替える顧客もいるそうだ。

買うか借りるか。これまで二者択一だった価値観も、今後は「持ちながら借りる」という柔軟な住み替えもより活発化しそうな気がする。

写真をクリックすると記事トップに戻ります
「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」はすでに3割の住戸が申込みないしは契約済という


【関連サイト】
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿

【住友不動産関連記事】
パークビューの魅力再考「ラトゥール新宿」
アウディ×住友不動産が画期的な新サービス
タワーマンション新時代の幕明け 大崎編
タワーマンション新時代の幕開け 麻布編

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。