血糖値は食後にアップする

チョコレート

スイーツの選び方に工夫を!

従来はダイエットといえば、食べる量をコントロールする「カロリー(エネルギー)計算」によるものが主流でした。でも近年、糖尿病予防やダイエットに、血糖値コントロールが有効であることがわかってきています。

まず、私たちが食べたものは、食事開始後30分くらいかけて血液の中の糖の濃度を上げていきます。食べ物が消化吸収されると血糖値は急に上がるという性質を持っているのです。でも、体の組織がすぐにそれらを活用するため、おおよそ2時間くらいで食事前の血糖値に戻る、というのが健康な人の体で日々起こっている現象です。

でも、一度にたくさんの糖質(食物繊維を除いた炭水化物)を大量に摂ることを続けていると、血糖値が下げきれずに病気になったり、余った糖が体脂肪に変わって太りやすくなったりしてしまいます。

血糖値が急激に上がると太るワケ

炭水化物を含む食事をすると、ブドウ糖となって血液によって全身に送り込まれます。正常な人ならインスリンによって血糖値が徐々に下がるのですが、一度にたくさんの糖質を摂取したりすると、ブドウ糖が使われずに余ってしまい、皮下脂肪として蓄えられやすくなります。したがって、摂取カロリーと比例しなくとも、糖質の多い血糖値を上げやすいものを食べて血糖値を上げれば上げるほど、太りやすくなります。

また、インスリンが分泌されると同時に、中性脂肪が合成されはじめてしまうため、インスリンが活躍している間は、体脂肪や内臓脂肪も増加しやすいとも言えます。

ですので、ダイエットや健康維持の視点で大切なことは、急に血糖値を上げないことです。ゆるやかに血糖値を上げるような食生活をしていれば、体が本来持っている機能で健康でスリムな体型を維持できるはずです。わたしは若いから大丈夫、と思って暴食していると、太りやすさを感じたり、若くして糖尿病予備軍になってしまう危険性もあるんですよ。

次のページでは、太らない食事のコツをご紹介します!