ボーナスに期待しないで、繰り上げ返済の目標を立てる

住宅ローンの支払は「ボーナスなしの均等払い」にしました。このご時世ですのでいつボーナスが打ち切られるか分かりません。ボーナスをアテにしないで月々の返済を行うことが基本中の基本です。当たり前の話ですが、繰り上げしないと総支払金額が高くなりますので、繰り上げ返済を当初から予定していました。我が家の場合、「2年に一度」繰り上げ返済することを目標として貯金をしています。この部分にはボーナスや私のパート収入を充当しています。「2年に一度」くらいの緩めの設定にすることで、生活を圧迫することなく貯金が可能です。

高額になることが予想されるものは、別個に貯金をします。

教育資金は中でも一番高額。こども手当などは絶対に手をつけず、子供の名義で別に貯金をしています。住宅のために子供がおざなりにならないようにしするのが親としての責務かと。
そのほかにも年間収支で予算立てしておかねばならないものを年度開始前に書きだしておきます。NHK受信料、自動車関連費用(保険・自動車税・車検積立)・固定資産税・団信など。冠婚葬祭などの予備費も、高額で緊急かつ手を抜けないものですので、こちらも生活を圧迫しない程度に予算立てしておきましょう。なにごとも計画が必要ですね。


【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。