明るさやツヤが失われたくすんだ肌、その原因はいくつかあります。なかでも血行不良に起因するくすみについては、スキンケアだけで必ず解消できるとは限らず、毎日の生活を見直す必要があるかもしれません。
 

血行不良ぐすみとは?

肌の色

肌の色には、血流が大きく関係しています

肌の色は、メラニンと血色の影響を大きく受けます。たとえば、メラニンの量が多ければ肌に黒っぽさがプラスされ、少なければ白っぽい印象に。日焼けしてメラニンが増えると肌色が濃くなり、紫外線を浴びずメラニンが増えなければ肌が明るい、という例から誰でも想像できるはずです。

一方、血色とはどんなものなのでしょうか。血色とは、真皮の毛細血管を流れる血液の色が透けて見えるもので、ほんのり赤みがあります。血行がよければ血色がよくなって肌が明るく、血行が悪ければ肌が青白かったり濁ったように暗く見えてしまったり。まさにそれが「血行不良によるくすみ」というわけです。

とくに顔が疲れて見えやすい人、不健康そうな印象を与えてしまう人、目の下に青っぽいクマができやすい人などは、血行不良が起きている可能性を疑ってみてください。

こんな人は血行不良ぐすみかも?
・紫外線を浴びていないのにくすんでいる
・美白コスメを使ってもくすみが取れない
・夏よりも冬のほうがくすみやすい
・部分的ではなく、顔全体がどんより暗い
・目の下の青っぽいクマに悩んでいる


原因は?

通常はスムーズに流れているはずの血液。でも、血行が悪くなってしまうのはなぜでしょうか。まず、気温の低下が考えられます。一般的に気温が低いと肌も冷たくなりやすく、血管が収縮して血流がダウン。冬はもちろん、夏でもエアコンの影響で寒さを感じていたりすれば、血行不良となって肌がくすんでしまう可能性大です。

また、気温が低くなくても体が冷えていれば、これもまた血行不良を招きます。体から体温を逃がさないように血管が収縮してしまうからです。手足が冷えやすい、お腹まわりが冷たいといった自覚症状がある人はもちろんのこと、薄着、素足、へそ出しなどで過ごす人も体が冷えているかもしれません。さらには、のぼせたり、ほてったり、ということが頻繁にある人も体内の熱のバランスがくずれ、冷えが隠れている可能性があります。

ちなみに、こういった「冷え」を抱えている人以外でも、タバコを吸う人や運動不足の人も血行不良になりがち。注意しましょう。

こんな人は要注意!
・冷房が苦手
・手足が冷えやすい
・露出の多いファッションが好き
・のぼせたり、ほてることが多い
・喫煙者、運動不足