肌をくすませて見せる要因として注目を浴びている「糖化」。肌で糖化が起こると明るさやツヤが失われて、メラニンによるくすみとは違う「黄ぐすみ」が目立ちやすくなるのです。糖化による黄ぐすみをケアする方法は、一般的なくすみケアとは異なります。その抗糖化の方法をしっかりマスターしましょう。
 

1 糖化とは?

焦げたパン

糖化とは、焦げたパンのイメージに近い

そもそも「糖化」とはどういった状態をさすのでしょうか。「酸化」のことを「体が錆びる」と言ったりもしますが、「糖化」は「体が焦げる」というイメージ。体内のたんぱく質が糖質と結びついてAGEsという物質が増えることで、焼け焦げたパンのように硬くもろくなったり褐色化したりと、たんぱく質が変性してしまう状態です。


糖化は体のあちらこちらで起きる可能性があり、糖尿病、動脈硬化、骨粗しょう症、アルツハイマー病、脱毛・抜け毛などの引き金になることも。そして、肌で起こってしまうと、美肌を保つのが難しくなります。肌内部のたんぱく質、つまり、コラーゲン線維同士が固まり、弾力がなくなってハリが失われてしまうのです。

また、AGEsそのものが褐色なため、肌色が黄色っぽくくすんで見えることが多く、それが「黄ぐすみ」と呼ばれたりします。日焼けのように明らかな肌色のトーンダウンを実感しなくても、肌に合うファンデーションの色が黄み寄りになったとか、チークやリップがピンク系よりもオレンジ系がしっくりくるようになったとか、似合う色の変化として実感することもあるかもしれません。

こんな人は糖化による黄ぐすみかも?
・紫外線の強い夏だけでなく、一年中、肌に明るさが感じられない
・肌が硬く、ハリや弾力がない
・ファンデーションは黄み寄りの色が自然に仕上がるようになった
・チーク、リップはオレンジ系が似合うようになった