2 原因は?

糖質

過剰な糖質の摂取は糖化を誘発します

たんぱく質と糖質が結びついてしまうのは、血液中に長く糖分が残っているとき。つまり、糖質の多い食事を続けている人は要注意です。また、血糖値が急激に上がりやすい食事は、糖化を招きやすくなるとも言われています。空腹時や疲れたときに甘いものを食べるのが習慣になっていると、糖化を誘引している可能性大です。

また、血液中の糖質の量に起因するだけでなく、紫外線を数分浴びただけでも糖化は進行しますし、過度な飲酒、タバコ、睡眠不足なども体内にAGEsを溜めてしまうと言われています。糖化は加齢とともに進みやすいものですが、紫外線や日々の生活などの影響で年齢に関係なく起こりうるというわけ。黄ぐすみは若い人でも見られる症状なのです。

こんな人は糖化による黄ぐすみを招きやすい!
・糖分を多く含む甘いものが好き
・空腹時や疲れたときには何よりも甘いものを食べる
・夏以外は日焼け止めを塗らない
・お酒を飲みすぎる
・喫煙している
・睡眠不足の日が多い

3 解決策は?

まずは美白コスメに頼ってみましょう。といっても、単にメラニンにアプローチするタイプではなく、糖化による黄ぐすみに着目した美白コスメを選ぶことが重要です。メラニンケアと同時に糖化もケアできる成分を配合し、黄みの強いくすみ感にアプローチできるものが最近は増えているのです。美白コスメを購入するとき、ぜひ販売員の人に確認してください。

そして、甘いものに依存する食生活を見直し、糖分を過剰に摂りすぎないように注意して。白砂糖、小麦粉、白米など精製された白いものはなるべく控え、血糖値が急激に上がらないような食事を心がけることも大切です。血糖値の急上昇を防ぐために、食後すぐ10分ほど歩くのもおすすめです。さらに、AGEsの生成にブレーキをかけると言われる食材を味方につけてみましょう。カモミールティ、緑茶、ウーロン茶、どくだみ茶が効果的です。

もちろん、年間を通して日焼け止めを使うなど紫外線をしっかり防ぐこと。飲酒は控えめにすること、喫煙や睡眠不足を避けることも忘れないでください。

糖化による黄ぐすみを防ぐポイント!
・糖化に着目した美白コスメに頼る
・糖質は過剰に摂取しない
・白砂糖、小麦粉、白米は控えめに
・食後すぐ10分間のウォーキング
・カモミールティ、緑茶などを飲む
・季節を問わずに日焼け止めを
・飲みすぎ、タバコ、睡眠不足を避ける


これらのことから、糖化による黄ぐすみに対処するには、スキンケアに加えて、体内で糖化が進まないような食事や生活を実践することが大切だと理解できたことでしょう。糖化によって肌はもちろん、体が悲鳴をあげる前に、ライフスタイルを一度見直してみましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。