ブレーキとアクセルを間違えて追突!
10年前と比べて約7.5倍!

警察庁「平成24年中の交通死亡事故の特徴及び道路交通法違反取締状況について」より。高齢運転者の事故原因は不注意によるものが圧倒的に多くなっています

※クリックで拡大します※
警察庁「平成24年中の交通死亡事故の特徴及び道路交通法違反取締状況について」より。高齢運転者の事故原因は不注意によるものが圧倒的に多くなっています


高齢者ドライバーが起こす事故のひとつにブレーキとアクセルを間違えて建物に突っ込む事故があります。たまにニュースなどで報じられる、コンビニエンスストアの駐車場から店舗に突っ込むような事故です。これは、75歳以上の場合、10年前と比較して約7.5倍にも増加しているのです。

自分ではしっかりしているつもりで、周りの人も大丈夫だと思っていても、高齢者ドライバーが抱えているリスクは大きいのです。

運転するなら保険をしっかり
免許証の返納も視野に入れて

以上から65歳を超えて「高齢者」と呼ばれる年齢になったら、免許証の返納を考えても良い時期であると言えます。つまりドライバーとして引退することがひとつの選択肢になります。

それでも生活の足として利用が必須の場合、「保険料が高いから保険をやめる」という選択だけはNGです。特に事故を起こして保険を使った後、3年間は極端に保険料が上がりますが、乗るからには任意の自動車保険はしっかり加入してください。

免許証の更新をどうするのか、更新の案内が届いたらご家族で話合われてみてはいかがでしょうか。


【関連記事】
自賠責保険の保険料が2年ぶりに値上げ!
自賠責保険、2013年4月の料金改定動向!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。