個性や能力の基礎づくり期

0002

親子で個性や能力の基礎づくり

個性や能力は、主に脳の働きによって決定づけられています。科学的な研究が進み、脳の形成の仕方が、個性や性格、能力に影響を与えることが分かってきました。そこで、育児を科学的根拠に基づいて行うことができることも増えてきています。

脳はごく小さな頃から、あらゆる可能性の中で取捨選択を始め、機能特化するものと捨てるものを決め統合して、各所の役割分担をさせていきます。例えば、足の指。生まれてしばらくは、まるで手のように動いていたのに、その指の動きは次第に衰えますよね。足の機能に撤していくように専門化が進んでいくからなのだそうです。

世界中の大人が用いる赤ちゃんをあやすための「子守歌」や「ベロベロバー」、「いないいないばー」に、赤ちゃんの脳は強い反応を表します。これは外からの刺激を受けて脳が発達している証拠。遺伝的要素だけでは個性や能力は決定されないということなのですね。


可能性をさらに広げる3歳までの育て方

0002

遺伝子をもとに育った環境で可能性がひろがる

1歳までに愛情深く育てられた子どもは、相手の感情を読み込む力や自分の意思を伝える力がしっかりと育ち、コミュニケーション能力が高いそうです。逆に、放っておかれた子どもは大脳新皮質の厚さが薄く、言語能力があまり育たなかったというレポートがありました。

つまり、子どもの能力に大きな影響を与えるのは、もともと持っている遺伝子だけでなく、育て方や環境などの後天的なできごとなのです。先天的な遺伝子はあくまでも材料にすぎず、遺伝だけで個性や能力が決定するわけではないということだそうです。

このように書くと、心配なさる方がいるかもしれませんが、ご安心ください。この時期に全てが決まってしまうわけではありません。子どもの能力や個性の大まかな土台ができあがるというだけで、もちろん3歳以降もいつからでも作られ、更新されます。

では、子どもの能力や個性の基礎を作るには、どうしたら良いのでしょうか?
「子どもの個性や人間性を伸ばす3つのポイント」を紹介します。


  ポイント1 子どもがしたい時にしたいことで好奇心を伸ばす
  ポイント2 基本的な生命欲求を満たす
 
ポイント3 必要な時期に必要な働きかけをする


>> 個性や人間性を伸ばすのは環境次第