懐かしい自分と新しい生き方に出合えるロヴァニエミの旅

北極圏のラインが通過する北の町ロヴァニエミは、年間50万人以上もの旅行者が訪れる、世界的にも有名な観光地。しかし、ロヴァニエミ自体の人口は6万人ほどで、その素顔は意外にも飾り気がなくて穏やか。街中で地図を開いたら、途端に「Can I help you?(お困りですか?)」と、気さくな通り過がりの人から、英語で声がかかることもしばしば。初めて訪れた人でさえ、ホッとできる町です。

緊張を解いたあとは、どこかメルヘンチックな雰囲気のあるこの町で、幼い頃の懐かしい自分に返って、思う存分はしゃいでみるのも良いでしょう。また、質素で等身大な生活を営んでいる現地の人に、まったく新しい生き方を学んでみると、きっとその後の人生を豊かにしてくれます。

華やかさには欠けるかもしれないけれど、気取らない素朴な場所だからこそ、素の自分のままでいられる、ということはないでしょうか。そんな自分が、そこで得られるものはきっと計り知れません。忘れかけていた感覚を取り戻すことができる、ロヴァニエミという町は、リアルに存在するワンダーランドなのかもしれません。

本物のサンタさんに会える!「サンタクロース村」

サンタクロース村

サンタクロース村は、ロヴァニエミで最も人気のある観光スポット。大人から子どもまで、1年中楽しむことのできる場所。特に、雪のあるシーズンのサンタクロース村は幻想的な雰囲気に包まれる

「サンタクロースの町」の代名詞であるロヴァニエミ。市街地から8kmほど離れたところに、一年中サンタクロースに会うことができる、サンタクロース村があります。

サンタクロースのいる家に入った後、探検気分を味わえる洞窟を抜けると、書斎にゆったりと腰をかけているサンタクロースが迎えてくれます。そこではサンタクロース本人となごやかに言葉を交わしたり、一緒に写真撮影をして、忘れられない思い出を作ることができます。

他にもサンタクロース村のエリアには、トナカイの角や皮を加工して作られた民芸品のお店や、マリメッコやイッタラのアウトレットショップなど、お土産ショップも実に充実していて、1日中いても飽きないスポットです。

<DATA>
Joulupukin pajakylä/Santa Claus Village サンタクロース村
住所:Joulumaantie 1, 96930 Rovaniemi
TEL:+358 (0) 16 346 270 (ロヴァニエミ観光局)
アクセス:ロヴァニエミ駅からバスで約30分
開館時間:10:00~17:00 (夏とクリスマスシーズンは開館時間延長)
休館日:なし
入場料無料(写真撮影有料)

>> 次にご紹介するのは、フィンランドの自然について学べるスポット2つです。