里芋饅頭をつくる

里芋饅頭

里芋饅頭

煮物料理は多めに作るほうがおいしいと、祖母が教えてくれましたので、おせち料理の中では、いつも旨煮が残ってしまいます。そこで、アレンジにと考えたのが、この里芋饅頭です。オイルで焼くので、こくも出て、また口当たりも変わり、新鮮なおいしさに生まれ変わります。

材料(2人分)

  • 旨煮の里芋 4個
  • 旨煮の人参 2~3個
  • 片栗粉 小さじ2杯
  • サラダ油 適量
  • エビ 6尾
  • 青菜 少々
  • てんつゆ

作り方

  1. 旨煮の里芋と人参は、煮汁を切ってから、粗くつぶします
  2. 1. に片栗粉をふり入れ、饅頭状に丸めます
  3. 丸めた里芋饅頭を焼く直前に、表面にさらに片栗粉をまぶします
  4. 少し多めの油で3の里芋饅頭を焼きます
  5. エビは酒蒸ししたもの、もしくは塩焼きした残りのエビでも、殻をむいておきます
  6. お皿に里芋饅頭とえび、彩に青物を添えて、熱いてんつゆをはって出来上がりです。

ポイント

  • 人参は、里芋と一緒に残りましたので加えましたが、必須食材ではありません。
  • 旨煮のアレンジなので、材料に味がついています。てんつゆは薄めでよいと思います。
  • 里芋饅頭を焼くときはきつね色になるくらいの焦げ目が、香り良く食べられると思います。

とっても簡単なので、里芋の煮物が飽きてしまったときにすぐできます。飽きてしまったおせち料理もアレンジで違う料理に変身すると、残さずに食べられて、さらに楽しめますね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。