化粧品素材を使ってシワ対策のクリーム作り

 

 

■フィフローの方法
真空タイプの詰め替え容器が必要です

  1. 手作り化粧品材料を販売しているサイト(私は「マンデイムーン」さんを利用しました)にてフィフローを購入。
  2. 手持ちのクリームやジェルに「フィフロー」を一気に加え、よーく混ぜて均一に分散させる。
  3. フィフローは揮発性の物質なので、真空ポンプ型の詰め替え容器に移し替え、あとは普段のクリームやジェルと同様に使います。気になる部分には重ねづけ。

使い続けることでシワのない肌へ

 

 

「フィフロー」という化粧品素材があります。空気を含んだ揮発性の液体で、水にも油にも溶けないため、クリームやジェルによく混ぜて使用します。ちなみにこれを配合した市販の化粧品は8,000円とかしますので、手作りして格安にすませることをオススメします。検索すれば出てきますよ。
これは空気でシワを押し上げるため、90秒という超短時間で効果が目に見えるのが特徴です。またその効果は7時間持続するといわれており、必要十分な効力をお持ちの素材です。使い続ければ肌がシワのない形状を覚えていくので、連続使用がオススメです。というか、手放せなくなります。

塗ってすぐにでる効果

先述のとおり、塗ってすぐに効果が分かるのが特徴です。空気で押し上げるので、肌に変な負担がかかることもありませんでした。ほうれい線はわかるようなわからないような……といったところでしたが、目元や額のシワなどは消えたように見えなくなりました。びっくりです。

■フィフロー原液
価格:1g×2本 1365円
購入可能場所:マンデイムーン
HP:www.mmoon.net/01shopping/shop/age.htm#fif

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。