体温が1℃上がると、基礎代謝量は約12%アップ

 

 

以前、医師の石原 結實 先生の『体を温めると病気は必ず治る』という本を読んだ時に、「貼るカイロ」を使ってダイエットに成功した人の話が書いてありました。

「貼るだけ」……でとても簡単だったので、即!実行。
食べ物を減らすだけのダイエットよりも、はるかに効果がありました。

下腹部、おへその下に手の平を当てると、ヒンヤリとしている人は特に効果大。

胃でも腸でも、手の平を当てて冷たい部分は、調子が悪い証拠だそう。

内臓を温めることで体温が1℃上がり、基礎代謝量は約12%位アップするので、新陳代謝も上がり脂肪を燃やしやすい体になるのです。

具体的な方法は、貼るタイプのカイロを、おへその下の下腹部に下着の上からペタッと貼るだけ。

低温火傷には要注意!

薄いショーツの上からだと低温火傷してしまうので、おへそまできちんとカバーするタイプの深履きのパンツを履いて下さい。

できれば、ちょっと色気はないのですが、深履きパンツを2枚重ねしてその上からカイロを貼ったほうが、低温火傷を防げます。

■良かった点
リーズナブルでかつ、簡単なこと!

■悪かった点

特にありませんが、くれぐれも低温火傷には気をつけて。

見えないからいつでも出来るダイエット

簡単なのでいつでもどこでも、自宅でも勤務先でも仕事中でもできるのがメリット。続けることで内臓が温まり脂肪が燃えやすくなります。

身体をさらに温めるように、冷たい飲み物ではなく温かい飲み物を飲むようにしましょう。

身体が温まるせいか、ダイエットだけではなく目の下のくまも薄くなりました!

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。