太りやすい年末年始を乗り切る方法

年末年始はご馳走やおせちなど高カロリーの食事をする機会も多いです。
気づいたら太っていた!と焦らないために、賢い食事のとり方をご紹介します。

ダイエットの味方のご馳走

おすすめご馳走は、お寿司、かに鍋です。

お寿司は生魚から酵素をとることができます。
酵素は脂肪燃焼を促す働きが!

DHAやEPAの良質な脂を含む青身魚のイワシやアジ、赤身のマグロ、抗酸化物質が含まれるサーモンを食べて、綺麗になりましょう。

かに鍋は体を芯から温めて代謝を高めます。

かににはタウリンが含まれ、肝臓の解毒能力を高めてくれますし、低カロリーなたんぱく質です。
うまみ成分があるので、味付けが薄くても美味しくカロリーも抑えられます。

カリウムを含んだ白菜や春菊をお鍋で摂れるので、老廃物のデトックスに良いです。
春菊には女性に嬉しい鉄分も!

お食事のポイント

お寿司は体を冷やすため、お吸い物を摂りましょう。
ガリを食べることも体を温めてくれます。

そして、お餅は高カロリー。
  • 切り餅 1個(50g) 118kcal
  • 丸餅 1個(35g)  83kcal
ご飯はお茶碗1膳(150g)252kcalです。

おせちも味付けが濃く高カロリーなので、工夫をして食べます。

気になる効果は?

なるべく普段の食事に近いものをおかずに選ぶと、年末年始太りを回避できました。

お雑煮は元日だけお餅1個のみ解禁にして、野菜や汁をたっぷりとり、ビタミンやミネラルを補給。

おせちを食べるときは、ご飯1膳に、中くらいのお皿にちょっとずつ好きなおせちを盛っておき、それを全部食べたら終わりというように、食べ過ぎを防止。

お雑煮の汁ものを合わせると、お正月の野菜不足も防止でき、きちんと満腹になりました。

■良かった点
内容を工夫すれば、豪華でもヘルシーで、栄養面も優れた満足度の高いご馳走になります。

胃腸やお肌の調子も普段よりも良かったくらいです。
体重も維持!

■悪かった点
お呼ばれされた席では、あまり自分でカロリー制限できないことも。
そういうときは、会話を楽しみました。

満腹中枢は20分過ぎたあたりから、お腹いっぱいと感じるので、結果的に食事量を抑えることにもつながりました。

ダラダラ食べる無駄な間食が、年末年始太りの敵です!

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。